奈良県・葛城一言主神社、地域の物語をテーマにしたトークイベントを開催!国文学者によるトーク、音楽&演劇も。


8月20日(日)、奈良県・葛城一言主(かつらぎひとことぬし)神社にて、神社がある奈良県御所市やその周辺にまつわる地域の物語をテーマにした、トークと音楽・演劇のイベント『葛城一言主神社 ものがたり音楽祭 二〇一七』が開催されます。

s_d27310-1-197652-6

2014年にスタートした同イベントは今年で4回目の開催。
開催当時からのコンセプト「神社とは物語を語り伝えていく場である。」はそのままに、今回は「古(いにしえ)のステージ」と「明日(あした)のステージ」の二部構成となります。
「古のステージ」では奈良大学文学部 教授で国文学者の上野誠氏によるトークや葛城一言主神社の伊藤明宮司との対談、「明日のステージ」では、奈良を拠点として活動する若手表現者によるオリジナル音楽&演劇が披露されます。

この夏は、どの様な願い事でも一言の願いならばかなえてくれると信じられている同神社の、言葉を紡ぐイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

s_d27310-1-265572-5

【概要】
日時:平成29年8月20日(日)13:30~15:30
会場:葛城一言主神社境内(奈良県御所市大字森脇432)
参加費:無料(申込不要)
駐車場:普通車50台(無料)
アクセス:JR・近鉄御所駅からタクシー約10分
近鉄御所駅から市コミュニュティバス(西コース内回り循環)「森脇」下車すぐ
近鉄御所駅から五條バスセンター行きバス「宮戸橋」下車、徒歩約30分
企画・制作:ならそら

<内 容>
第一部「古のステージ」13:30~ 14:30
テーマ:「神話からのメッセージ ~一言主神社の里より~」
トーク:上野 誠(奈良大学文学部 教授/万葉研究者)
対 談:伊藤 明(当社宮司)

第二部「明日のステージ」14:40~ 15:30
題 目:「ヒトリゴト」
演 出:新居 達也(Cross Rope Life/演出家)
出 演:こよしかおり(劇団いちご大福)、曽田真吾、米谷侑美琳、森山舞
音 楽:吉田 ともえ

※悪天の場合、予定を変更して開催します。

<出演者プロフィール>
■上野 誠(奈良大学文学部 教授/国文学者)
1960年、福岡生まれ。
国学院大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。奈良大学文学部
教授。国際日本文化研究センター客員教授。
第12回日本民俗学会研究奨励賞、第15回上代文学会賞、第7回角川財団学芸賞
受賞。『古代日本の文芸空間』(雄山閣出版)、『万葉体感紀行』(小学館)、『大和
三山の古代』(講談社現代新書)、『魂の古代学――問いつづける折口信夫』(新潮
選書)、『万葉挽歌のこころ――夢と死の古代学』(角川学芸出版)など著書多数。

■新居 達也(Cross Rope Life / 演出家)
1985年生まれ
高校の時に演劇部に入部、演劇を始める。2005年 Cross Rope Lifeを旗上げ。以後、
全作品の脚本・演出を担当。2010年「ナ・LIVE」1年目より実行委員として参加、
2015年度は実行委員長を務める.近年は奈良市内のCafeやGalleryなど、劇場では
ない場での公演を精力的に行っている。その場その場の空間を生かした作品創りに
は定評がある。また商店街を舞台にした芝居等、演劇を使った地域活性化にも取り
組んでいる。

■吉田 ともえ(シンガーソングライター)
鍵盤で弾き語るシンガーソングライター。
生まれ育った奈良から大好きな歌を歌い続ける。「なら燈花会」や「なら瑠璃絵」
といった奈良を代表するイベントをはじめ、奈良県内外のイベント会場、お寺、
カフェ、ライブハウスなど多くの場所でライブを行う。また、奈良の若者アーティスト
と共に「びえんな〜ら」というイベントの企画も行う。2012年冬より、「歌垣」と
いうアーティスト名から本名で活動を開始。バンド「AYNIW TEPO」のメンバー
でもある。
HP:http://www.yoshidatomoe.com

音響:松尾 謙(SOUND-1)

2017-07-31 | Category ニュース

関連記事

Comment





Comment