「寺社Now」24号(2019年3月)発行しました


<巻頭インタビュー>
信仰と文化が共に生きる歴史を受け止め
将来に伝えるために活動していく
住吉大社 宮司/髙井道弘
.

<インタビュー>
"何が必要か、私に何ができるか"から始めていく。
パンニャ・メッタ・サンガ会長、天台宗僧侶/サンガラトナ・法天・マナケ
.

<特集>
いざ!という時のために、どう動き出すべきか
災害に備え、今、寺社ができること?

・「首都防災×宗教施設 シンポジウム」から見えてきた今後の展開 東京都宗教連盟/新倉典生理事
・社会が求めている寺社の可能性 大阪大学大学院教授・東京都宗教連盟防災顧問/稲場圭信
考察1/寺社が地域づくりの一端を担う 真宗大谷派 光照寺(熊本県)
考察2/行政と連携し、将来の避難場所に 高野山真言宗準別格本山 白水山平等寺
考察3/寺社と地域を俯瞰しておく  平常時のうちに! 災害に備えるチェックシート
.

<未来考創>
行政と寺社観光
奈良県知事/荒井正吾
.

<伝統を未来へ〜From the Past to the Future〜>
・月替わりで御神酒を出す 姫嶋神社禰宜/鈴木伯季
・日本で唯一の「寺専門」木魚を守る 有限会社市川木魚製作所三代目/市川幸造
.

<うちのお宝>
・臨済宗東福寺派 長寿山光通寺/石垣地蔵
・御﨑宮/張り子の干支
.

<新風>
・貴重な史料をそろえた「北御堂ミュージアム」が誕生
・野鳥をモチーフにした「シマエナガみくじ」が評判に
・兵庫県尼崎市の街歩きツアー「ブラグウジ」が人気


<動静>
・不明文化財情報提供サイトを文化庁が公開
・京都市が情報を集積・発信する「景観情報共有システム」スタート

.
<テラハクレポート>
宿坊 対馬西山寺(長崎県)

.

寺社Now24号(2019年3月発行)PDFを読む

関連記事

Comment





Comment