【新年にオススメの寺社旅】巡って楽しい!南海沿線の七福神巡り


福を呼ぶ神様として信仰を集めてきた「七福神(しちふくじん)」。
みなさんも年末年始には至るところで、宝船に乗っている七福神のお姿を目にしたのではないのでしょうか。
そして、この大変縁起の良いと言われる七神をお詣りすると、7つの幸せが授けられると伝えられてきたのが「七福神巡り」です。

今回は、全国に数ある七福神巡りの中から、新年を迎え、冬のお祭り“えべっさん”こと十日戎で賑わう今の時期だからこそオススメしたい!大阪・南海沿線の七福神巡りをご紹介したいと思います!

 

言えるかな?七福神の名前と由来

s_f8d603e23852b5fa828753f24d6a73be_s

家内安全や健康長寿、商売繁盛などを願い、昔から信仰されてきた七福神ですが、ところでみなさん、七神のお名前をきちんと言えますか?
まずは言えそうで言えない?!そんな7神とその由来を確認してみましょう。

<七福神>
・恵比寿天(えびすてん)
 七福神の中では唯一の日本由来の神様で、特に商売繁盛の神様として信仰されています。

・大黒天(だいこくてん)
 日本の大国主とインドの大黒天が習合した福徳開運の神様。子孫愛育の象徴でもあります。

・毘沙門天(びしゃもんてん)
 武将の姿をした勇ましい神様で、厄除けや大願成就を助けるとされています。

・弁財天(べんざいてん)
 もともとはインドの水の神様で、芸能や学問、恋愛成就の女神様です。

・福禄寿(ふくろくじゅ)
 中国の道教の神様で、長寿延命、富貴長寿の様です。

・寿老人(じゅろうじん)
 健康、長寿、幸福の神様とされています。

・布袋尊(ほていそん)
 七福神の中で唯一の実在の人物で、笑門来福、夫婦円満、子宝の神様です。

ちなみに、七福神は神様なので“◎人”とは数えません。
数える際は、「柱(はしら)」、「神(しん)」、「体(たい)」などを単位として用いるのが正解です。ぜひ覚えておいてくださいね。

 

巡って楽しい七福神をお参りしよう!

s_IMG_6006

■今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ/恵比寿天)
〒556-0003 大阪市浪速区恵比寿西1丁目6番10号
電話:06-6643-0150
アクセス:南海高野線「今宮戎駅」下車すぐ
URL:http://www.imamiya-ebisu.jp/

■大国主神社(おおくにぬしじんじゃ/大黒天)
〒556-0015 大阪府大阪市浪速区敷津西1丁目2-12
電話:06-6641-4353
アクセス:南海高野線「今宮戎駅」下車 徒歩8分

■万代寺(まんだいじ/毘沙門天)
〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁705
電話:072-259-0867
アクセス:南海高野線「百下鳥八幡駅」下車 徒歩10分

■松尾寺(まつおじ/寿老人)
〒594-1154 大阪府和泉市松尾寺町2168
電話:0725-54-0914
アクセス:泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス松尾寺行終点下車

■水間寺(みずまでら/弁財天)
〒597-0104 大阪府貝塚市水間638番地
電話:072-446-1355
アクセス:南海本線「貝塚駅」から水間鉄道線「水間駅」下車徒歩10分

■七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ/布袋尊)
〒598-0023 大阪府泉佐野市大木8
電話:072-459-7010
アクセス:南海本線「泉佐野駅」から南海バス犬鳴山行終点下車
URL:http://www.inunakisan.jp/

■長慶寺(ちょうけいじ/福禄寿)
〒590-0504 大阪府泉南市信達市場815
電話:072-483-2692
アクセス:JR阪和線「和泉砂川駅」下車徒歩10分

<南海沿線の七福神巡り図>
s_2017-01-10_184120
参考URL:http://www.nikkokix.com/shichifukujin/

 
寺社Now編集部は、割り箸に七福神がプリントされている割り箸を特別にいただいちゃいました!

s_img_5987

このとってもご利益ありそうな割り箸は購入ができるとのことで、密かに人気だそうですよ。
いつ、どの順番に使おうか迷ってしまいますね!

s_img_5986

御朱印集め初めにぴったりな七福神巡りで、1年の福を願って七福神巡りをしてみませんか?

2017-01-10 | Category コラム

関連記事

Comment





Comment