【宿坊研究会レポート11】大阪・下寺町に宿坊誕生。東京都心部に宿坊ができれば、大きな宣伝効果を生む


大阪・下寺町に宿坊誕生。次は東京都心部に期待

いよいよ宿坊創生プロジェクトから、第一号宿坊「和空 下寺町(わくう したでらまち)」が大阪に誕生します。
近隣のお寺にお力添えいただき、さまざまな体験が行える宿坊となる予定ですが、このニュースは政治、観光、建築など、多岐に渡る業界で話題になりました。

そこで私が次に注目しているのは、東京の寺社に新たな宿坊が開設されるかどうかです。現在、東京23区内には宿坊がほぼありません。東京都内なら青梅市・御岳山(みたけさん)の武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)に宿坊街がありますが、都心部からは距離があります。
 

s_宿坊研究会01東京での宿泊体験イベントで行われた念仏行の様子

東京は国内外問わず多くの旅行者が訪れ、ホテル不足は大阪と並んで切迫しています。さらに東京の強みはテレビ局や新聞社など、さまざまなメディア企業が集まっている点です。私はこれまで何百件もの取材を受けてきましたが、「東京近郊にある宿坊は?」と質問されたことは、一度や二度ではありません。
また、東京は京都と並んで、本山クラスのお寺が多く集まり、街中のあちらこちらに大きな神社も点在しています。もし東京都心部に宿坊が出来たとしたら、話題を独占できるでしょう。そういった意味でも、どの宗派、どこの寺社から宿坊が最初に開設されるかも重要となります。

禅宗の寺院による宿坊であれば坐禅、密教寺院の宿坊であれば護摩祈祷、日蓮宗の宿坊であれば唱題行(しょうだいぎょう)や木剣加持(ぼっけんかじ)、浄土宗や浄土真宗の寺院であればお念仏、神社であれば神前祈祷や祝詞などの体験がメディアを通じて紹介されることで人々の関心を引くでしょう。
禅宗の寺院による宿坊であれば坐禅、密教寺院の宿坊であれば護摩祈祷、日蓮宗の宿坊であれば唱題行(しょうだいぎょう)や木剣加持(ぼっけんかじ)、浄土宗や浄土真宗の寺院であればお念仏、神社であれば神前祈祷や祝詞などの体験がメディアを通じて紹介されることで人々の関心を引くでしょう。
 

s_宿坊研究会02都内の寺院にて行われた仏教体験で参加者が書いた写経

 

東京ならメディアを通じて人々の大きな関心を引く

東京の宿坊は一つのお寺のみならず、宗派全体の顔と成り得る側面も持ちます。その効果は他に先んじて生まれた宿坊ほど効果が際立ちます。私は以前、都内のとある寺院と一泊二日の仏教体験を企画したことがありました。
その企画は単なる宿泊だけでなく、二日間に渡って修行が組まれていましたが、都内ではお寺に宿泊できること自体が珍しく、多くの反響がありました。
都心部の宿坊は、より多くの人を寺社の価値観に誘う重要な入り口です。どのような宿坊が新たに生まれるか、宿坊研究家としては興味が尽きない話題です。

宿坊新規開設をご検討の寺社様・運営に関するお悩みを抱える宿坊様へ
サポート1  宿坊開設の計画・立案から、各種手続きなどトータルでサポートします。
サポート2  営業開始後も継続的に集客プロモーションなど運営についてもサポートします。
■お問い合わせ先
株式会社和空プロジェクト 〒530-0044 大阪市北区東天満1-11-13 AXIS 南森町ビル9F
TEL:06-4801-8211 FAX:06-4801-8221 
ホームページ:http://waqoo-pj.jp
監修:一般社団法人 全国寺社観光協会

s_堀内氏-差し替え堀内克彦(ほりうちかつひこ)
プロフィール:寺社旅研究家・宿坊研究会代表。
「人生を変える寺社巡り」がテーマの寺社旅研究家。各地で寺社活性化・地域活性化の講演を実施し、寺院コンサルタントとしても活動中。著書に『宿坊に泊まる』(小学館文庫)、『こころ美しく京のお寺で修行体験』(淡交社)、『恋に効く! えんむすびお守りと名所』(山と溪谷社)など。

情報誌・寺社Now vol.13「宿坊研究会レポート~」 より

2017-03-03 | Category レポート

関連記事

Comment





Comment