心身ととのう「寺サウナ」が熱い! 元祖! 蒸し風呂王国・ニッポンの最新お寺事情

近年にわかに盛り上がりを見せているフィンランド式サウナの愛好家を「サウナー」と呼ぶらしい。彼らは、蒸し風呂と水風呂を繰り返して、ディープなリラックス状態になることを、恍惚な表情で「ととのう」という。 だがしかし、寺社Nowはここであえて問いたい。日本のサウナ(蒸し風呂)は、千年の歴史を誇るのだと! 仏教では、古くから沐浴の功徳が説かれている。病を退けて福を招来するものとして入浴を奨励してきた。寺院は伽藍の一角に浴堂を備え、人々に蒸し風呂を開放して入浴を施した。これを「施浴(せよく)」という。光明皇后が1250年前に奈良・平城京の東北に建立した法華寺には、今も「浴室(からふろ)」が残され、国の重要有形民俗文化財に指定されている。 こうした寺院による施浴の文化は、けっして過
...この続きを読む(会員ログイン無料会員登録

1

2 3 4

関連記事