凸版印刷、斯文会と『湯島聖堂文化講座』のオンライン配信を開始

「史跡 湯島聖堂」で開催されている講座を動画配信 日本の近代教育発祥の地である「史跡 湯島聖堂」の新たな鑑賞体験を提供

凸版印刷株式会社のプレスリリース

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、「史跡 湯島聖堂」の管理・運営を行う公益財団法人斯文会(所在地:東京都文京区、理事長:宇野 茂彦 以下、斯文会)と、湯島聖堂で開催されている講座『湯島聖堂 文化講座』の動画配信を開始します。

『湯島聖堂 文化講座』は、寛政9年(1797年)に湯島聖堂内に設置された「昌平坂学問所」の伝統を継承する、中国古典文学を中心とした生涯学習講座です。従来は湯島聖堂内で開催されていましたが、時間と場所の制約を無くすことで参加しやすくすると同時に、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、凸版印刷の映像制作・配信技術を活用して製作した動画コンテンツをオンライン上で配信します。

■ 実施の背景
大正11年(1922年)に国の史跡に指定された湯島聖堂は、徳川五代将軍綱吉が儒学の振興を図るため、元禄3年(1690年)に創建されました。その後、幕府直轄学校として世に名高い「昌平坂学問所」を開設。湯島聖堂は維新の一大変革に当たっても学問所としての伝統を受け継ぐ、近代教育発祥の地としてその名が知られています。今回オンライン配信される文化講座は生涯学習のための講座として、人気を博していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から実施が制限されていました。
そのような中で凸版印刷は、時間と空間の制約を無くすことで誰もが参加しやすいオンライン講座コンテンツの制作・配信を実施します。

■ 『湯島聖堂オンライン講座』について
『湯島聖堂オンライン講座』は、一流講師陣による「湯島聖堂」の特色ある生涯学習講座『湯島聖堂文化講座』の動画コンテンツです。寛政9年(1797)、聖堂内に設置された「昌平坂学問所」の伝統を継承する中国古典文学を中心とし、「論語」「漢詩」「陰陽五行」 「李白」「孟子」「孫子」など本格的内容の講座になっています。

■ 『湯島聖堂オンライン講座』概要
今回のオンライン講座は、過去の実施した中で特に人気の高い2講座を開講。チケットを購入した方は、Youtubeで動画閲覧が可能になります。
講座名 三国志「曹操 乱世の奸雄」(全3話) 曹操が見せた革新性と志の強さを感じる
各話タイトル ① 曹操の革新性
② 二つの大戦
③ 志を詠う
配信期間 2021年7月1日(木)10:00 〜 8月31日(火) 23:59
講師 渡邊義浩先生 早稲田大学理事・文学学術院教授

講座名 李白講座「早発白帝城」(全3話) 季白の詩へ奥深く分け入る
各話タイトル ① 早発白帝城
② 古風15故事:塊より始めよ
③ 古風36故事:和氏の壁
配信期間 2021年7月1日(木) 10:00 ~ 8月31日(火) 23:59
講師 市川桃子先生 明海大学名誉教授

■ 『湯島聖堂オンライン講座』 動画購入方法
電子チケット販売サービス「teket」にて購入可能です。
・販売価格:2,500円(税込)

① 三国志「曹操 乱世の奸雄」(全3話)
購入URL: https://teket.jp/314/3326

②李白講座「早発白帝城」(全3話)
購入URL: https://teket.jp/314/3327

■ 今後の目標
凸版印刷と斯文会は、『湯島聖堂オンライン講座』の講座数を今後更に増やしていく予定です。同時に、今回の『湯島聖堂 文化講座』オンライン配信を皮切りに、凸版印刷の持つVR/ARをはじめとしたデジタルテクノロジーを活用して、湯島聖堂の新たな鑑賞体験を実現するコンテンツ制作を推進します。
また、昨今新たな生活様式下においてニーズの高まる「生涯学習」を進める自治体や個人に向けて、様々なオンライン講座コンテンツの製作・配信の支援を推進していきます。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む