「阿弥陀動きます」のバズ和尚がYouTubeで『鬼滅の刃』仏教解説&異色の「鬼滅本」緊急発売!

仏教界のインフルエンサーと呼んでも過言ではない、Twitterのフォロワー数2万9000人(令和3年5月10日時点)という、福岡県北九州市にある永明寺(浄土真宗本願寺派)の松崎智海住職。これまでたびたびつぶやきがバズってきたが、今度はYouTubeでやってくれた! 『【鬼滅の刃】お坊さんはこう読む』という動画を公開し話題になったと思ったら、さっそくその書籍化。異色の「鬼滅本」が出版される。

これは時流におもねった単なる受け狙いなのか、はたまた別の意図があってのことか? 寺社Nowでは過去4本公開された動画をチェックするとともに、書籍出版のタイミングで取材を申込み、その真意を探った。


松崎智海(まつざきちかい)
前職は高校教諭という松崎智海住職。自坊を「ご縁が生まれ、みんながワクワクする開かれたお寺」にしていくため、発信力を高めようと平成28年(2016)からTwitterを始めた。写真の構図、画像の加工はすべて独学

映画『ボヘミアン・ラプソディー』のフレディ・マーキュリーのポーズをまねた投稿が5.2万いいね、吉本騒動の際にダウンタウン松本人志が「松本 動きます」とツイートしたのを受けて「阿弥陀 動きます」とつぶやいたら9.1万いいね(令和3年5月10日現在)が付くなど、これまでしばしばバズってきた松崎住職だが、その反響を本人は「流行りに乗ったら、たまたま話題になっただけ」と謙遜する。

そんな通称“バズ和尚”が次に題材にしたのは、令和2年(2020)に大ブレイクしたマンガ『鬼滅の刃』だった。しかも同作を仏教的に解説している。さすがに何か意図があるのに違いない。

松崎住職の話を聞く前に、まずは件の動画をチェックしてみよう。

【鬼滅の刃】お坊さんはこう読む①

『鬼滅』で学ぶ浄土真宗【壱の型:四諦の教え】

※画像クリックで動画に

鬼を滅していく=鬼滅と、煩悩を滅していく=悟りについて、仏にいかにしてなっていくかという仏教のテーマをまとめた「四諦(したい)=四つの真理」を例に解説

【鬼滅の刃】お坊さんはこう読む②

 『鬼滅』で学ぶ浄土真宗【弐の型:三法印】

※画像クリックで動画に

動画パート②では、鬼と煩悩はイコールだ!と解説した①に続き、仏教布教の旗印的存在の「三法印(さんぼういん)」を、主人公・竃門炭次郎と鬼殺隊の宿敵である原初の鬼・鬼舞辻無残(きぶつじむざん)のセリフを題材に解説

【鬼滅の刃】お坊さんはこう読む③

『鬼滅』で学ぶ浄土真宗【参の型:対機説法】

※画像クリックで動画に

動画パート③では、鬼殺隊の呼吸の始まりとされる継国縁壱と、お釈迦様の説法との共通点を深掘りしている

—動画を見ると、そこには深いメッセージがあるように思えます

「いやいや、これまでも今回も私の中では同じで、シンプルに流行りに乗っただけです(笑)。私はアーティストではないので、新しいものを創る才能はありません。知ってもらうために世の中で話題のものを利用させていただくのです」

『鬼滅の刃』を初めて読んだ松崎住職は、作者が仏教にかなり精通しているか、あるいは仏教関係者ではないかという読後感を抱いた。それほどまでにストーリーの随所に仏教的要素が散りばめられているという。

そこで、鬼滅ブームに乗ることを決めた。動画シリーズのタイトルは、「【鬼滅の刃】をお坊さんはこう読む〜『鬼滅』で学ぶ浄土真宗」としたというのだが……

「私は浄土真宗の僧侶です。そして仏教が好きで、好きで、たまりません。お釈迦様のことを本当にすごい方だと常々思っています。だからこそ、仏教のいろいろな要素をパロって、私が夢中になっている仏教というものを、多くの人に紹介したいのです」

つまり、自分が仏教を楽しんでいる姿を通して、仏教を紹介していきたい、ということが動画の核心だった。ただし、パロディを交えて仏教を紹介するとは言っても、何でもありではないようだ。

「仏教やお釈迦様を身近に感じてもらえることはあっても、笑いの対象には絶対にしない。その一線を考えながらやっています」

動画では、毎回解説のキーワードを提示。まず仏教の解説を入れることで、『鬼滅の刃』との共通点を視聴者が理解しやすくしている

時には『鬼滅の刃』の印象的なフレーズを読み、解説に引用していく

最後はきちんと「本日のまとめ」もある

仏教を身近に感じてもらいたい

例えば動画シリーズの第3弾【参の型:対機説法】では、「継国縁壱(つぎくによりいち)はお釈迦様だ」というテーマで、鬼殺隊が鬼に対抗するために身につける「呼吸」の始まりとされる継国縁壱とお釈迦様との共通点を解説している。

「仏教でいう“対機説法”というのは、相手の人となりに合わせて教えを説く方法ですが、お釈迦様は、どんな人にも同じ説き方をしていません。相手に合わせて言葉や言い回しを変え、伝わりやすいように法を説いていきました。

一方の継国縁壱は、自身の「日の呼吸」を実は次の世代には伝えられていません。しかし呼吸の派生を認めたことで、何百年もあとに、主人公の竃門炭治郎が水の呼吸をもとにして、最終的には日の呼吸を体得します。

これは多様性を認める伝え方だと私は感じていて、お釈迦様が2500年も前に、人に合わせていろいろな伝え方をしたからこそ現代でも仏教は続いている、ということに通じていると思っています。そのあたりを知っていただけると、もっともっと仏教を身近に感じてもらえるかもしれない、と思いました」

続きは書籍で!

実は、「【鬼滅の刃】お坊さんはこう読む」シリーズの解説動画はここまで。四本目の動画もあるが、それは『鬼滅の刃』の最終巻をただ読むだけで終わってしまっている。それは、いったいなぜなのか?

「ここから先は、書籍版でのご紹介となります(笑)。[編集部注:PHP研究所から『「鬼滅の刃」で学ぶ はじめての仏教』2021年5月22日発売]

しっかり解説している3本の動画に加えて、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』からも話をつくっています。ぜひ手に取ってみてください! ただ、これはあくまでも私の仏教の楽しみ方です。いろいろなきっかけで仏教を身近に感じることができるし、仏教って楽しい、と感じてもらえるとうれしいです」

『鬼滅の刃』は週刊少年ジャンプ(集英社)で平成28年(2016)に連載がスタートして以来、単行本は売り切れ続出、令和2年(2020)10月に映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開されると、宝満宮竃門神社(福岡県太宰府市)や甘露寺(浄土宗、和歌山県紀の川市)など、登場人物の苗字と同名の寺社が聖地として人気になるなど、一大旋風を巻き起こしている。

映画は国内でロングラン上映中、アメリカでは全米No.1を獲得するなどその勢い未だ衰えるところを知らないが、松崎住職の異色の鬼滅本が、今回もその人気に乗ることができ、そしてその思いがどこまで広がるのか楽しみだ。

松崎住職はほかにも、自身のYouTubeチャンネル「永明寺 楽しいお寺ch」で多くの動画を配信中。何はともあれ、ちらっと覗いてみてはいかがだろう。

永明寺 楽しいお寺ch

Twitter:松崎住職(非売品僧侶)


『鬼滅の刃』で学ぶ はじめての仏教

出版社 : PHP研究所
発売日 : 2021/5/22
著者:松崎智海
価格  1.463円

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む