死を語り合う!? ガイド本まで誕生!!「デスカフェ」オンラインでも拡大中〜多死社会のNowを緊急レポート!

「デスカフェ(Death Cafe)」が国内外で拡大している。ついにガイドブックまで誕生した。「デスカフェ」とは、死をタブー視せずに受け入れ、語り合う場のこと。宗教や国籍、年齢や性別などに関係なく、お茶やコーヒーでも飲みながら語り合う。コロナ禍の影響でオンラインでも拡がりを見せている。寺社Nowでは、他に先駆けて平成30年(2018)11月号で特集をお送りしたが(下記参照)、新たなフェーズに突入したデスカフェの今を緊急レポートする。

■合わせて読みたい
寺社Now22号(平成30年11月発行)デスカフェ特集

超宗派の若手僧侶(若僧)が運営する「ワカゾー Death カフェ」は、京都市内の寺院を会場としてこれまで50回以上開催、500人以上が参加している (写真提供/ワカゾー)

デスカフェのルーツは、スイスの社会学者バーナード・クレッタズが、妻の死をきっかけに「死」についてカジュアルに語り合う会を開いたことが始まりと言われている(1999年)。その後、イギリスの社会起業家ジョン・アンダーウッドがロンドンでデスカフェを開催し、deathcafe.comを立ち上げ、デスカフェ開催のガイドラインを公開したことが世界的な拡がりを見せるきっかけとなった(2011年)。現在、世界70カ国以上で開催されている。

日本では2010年頃にデスカフェに近い集まりが開催されたのが最初とされ、以後、少しずつ広まり、寺院を会場として僧侶が開催するケースも出てきている。2020年9月には、世界初となるデスカフェの見本市「デスカフェウィーク2020」がオンライン開催、日本におけるデスカフェ初のガイド本となる『デスカフェ・ガイド〜「場」と「人」と「可能性」〜』が今年2021年5月に出版された。

■国内のデスカフェ年表(デスカフェ・ガイドより)

日本におけるデスカフェの、今を知る一冊が誕生

『デスカフェ・ガイド〜「場」と「人」と「可能性」〜』を企画し執筆(代表)したのは、日本におけるデスカフェの特徴を場の多様性と捉え、研究テーマとしている京都女子大学の吉川直人助教だ。吉川氏は青森中央短期大学で勤務していた2018年、青森県初のデスカフェ立ち上げに関わったことをきっかけとして、全国のデスカフェに参加し、フィールドワークを開始。2020年9月には、多くの開催事例を知ってもらうとともに、各地のデスカフェ主催者の交流を目的とするデスカフェサミット「DeathCafeWeek2020」を企画開催した。こうした活動をふ踏まえ、国内の事例とあわせて日本初の『デスカフェ・ガイド』をまとめて上梓した。

デスカフェサミット「DeathCafeWeek2020」オンライン開催の様子。吉川氏と14団体がネット上で一堂に会した

<デスカフェ・ガイド 目次>
第1章/デスカフェとはどんなところか
第2章/デスカフェ開催にあたって
第3章/デスカフェでどんなことを行うのか
第4章/デスカフェの事例紹介
・京都 ワカゾー Deathカフェ(僧侶が実践、お寺のデスカフェ)
・青森 sanshien de café(社会福祉法人が営むデスカフェ)
・栃木 Café Mortel(看護師が主催するデスカフェ)
・東京 デス・カフェ@東京(精神保健福祉士が主催者のデスカフェ)
・神奈川 デスカフェ〜死をめぐる対話〜(図書館司書・読書会主催のデスカフェ)
・東京 マザーリーフ・デスカフェ(葬儀社のデスカフェ)
第5章/デスカフェサミット
第6章/デスカフェのわたしたちの時代

本書によると、10年ほど前に始まった日本のデスカフェはdeathcafe.comのガイドラインを参考に実施していた時代から、独自の工夫、ワークショップ形式などの変遷をたどり、コロナ禍の令和22月以降は、各地でオンライン開催されている。また、この増加傾向の大きな要因が多死社会の広がりにある点も興味深い。なお本書では、デスカフェを開催している主要団体のメンバーも共同執筆者として名を連ね、各団体の実践事例を紹介している。デスカフェに参加したい人、開催したい人のどちらにとっても、日本におけるデスカフェの今を知り、今後を考えるための必読書と言える。

『デスカフェ・ガイド〜「場」と「人」と「可能性」〜』
出版社:クオリティケア
執筆代表:吉川直人
執筆&編集:萩原真由美
発売日:2021年5月26日
定価:2,420円

 

クオリティケア amazon 楽天ブックス 神陵文庫

リアル×オンラインのハイブリッドも開催

2020年以降のコロナ禍にあって、デスカフェのオンライン開催が急増している。『デスカフェ・ガイド』ではその理由について、「コロナによる死は、亡くなった人に会えない、葬送の場も縮小され形態も変わりました。そして死につながる感染症が長く続いていることで自らの死生観が揺さぶられ、死について語りたい需要が増しているのではないか」と語っている。

そして2021年に入り、デスカフェの新たな動きも出てきた。

父の死をきっかけにデスカフェに参加するようになり、自身でデスカフェを主催するようになった「デス・ポジティブ プロジェクト」代表の山内三咲さんは、今年から寺院でデスカフェを開催している。

特徴的なのは、これまで国内で開催されてきたデスカフェの多くが1人称や2人称で「死」を語る場だったのに対し、山内さんのデスカフェは直接的な「死」を語るだけではなく、死について学ぶきっかけとして「死生観」を語る。たくさんの写真から自分が持つ死のイメージに近い1枚を取ってもらい、そこから話をスタートさせるというきっかけづくりがユニークだ。

「近親者の死を経験し、2年ほど前に初めてグリーフカフェに参加しました。ところが自分が思い描いていたものとは少し違っていて、それ以後もいくつか別のグリーフ的な場に参加したのですが、そのうちに、私が求めているのは死について語るだけではなく、いつか来る死のために、死生観など多くのことを学べる場だと気づいたのです。しかしそのような場が探しても見つからず、それなら自分で始めてみようと、昨年(2020年)に友人を誘って初めてデスカフェを開催しました。すると参加した友人からもっとやってほしいと言われ、以後数回フリースペースなどを借りて開催。今年(2021年)1月からは光明寺(東京都江東区、真宗大谷派)を会場に、ほぼ毎月開催しています」

山内さんのデスカフェは、参加者が自分が抱いている死のイメージに近い写真を選び、選んだ理由を話しながら自己紹介することから始まる

フリースペースから寺院へと場所を変更した理由は、「リラックスして話せる場がほしかった」から。寺院での開催はフリースペースと違い、無意識に心を開く準備ができる気がすると山内さんは語る。

「毎回和室で開催しているのですが、寺院独特の静かな空間で畳の上に座った途端、皆さんが “ここは死について話していい場だから”という気持ちになっているようです。ファシリテーターの私も、ほかで開催するより集中して話せています」

今年5月には、リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッド形式での「死生観トーク&デスカフェ」を開催。光明寺でリアルに開催するデスカフェにオンライン参加者も交え、死生観を語り合った。場を提供している光明寺の小林住職も毎回参加しており、それも貴重なことだと山内さんは捉えている。

「普段聞くことができない仏教的な死生観の話は、とても勉強になっています。それに、リアルとオンライン、どちらの参加者からも“寺院でやるっていいよね”という声があがっていました。私たち日本人にとって寺院とは、なぜだかわからないけれど安心する場だと思います。だから参加者がリラックスできているでしょうね」

デス・ポジティブ プロジェクト」代表の山内三咲さん。コーチングという職種を生かして、デスカフェのファシリテーターを育てていきたいと構想している。Facebookグループ

社会は「死について語る場」を求めている

山内さんが開催したような新たなデスカフェは今後も出てくると思われるが、この現象には、何か理由があるのだろうか。『デスカフェ・ガイド』執筆代表の吉川氏は、このような広まりは「新たな社会資源形成の過程」ではないかと言う。

吉川直人氏
京都女子大学家政学部生活福祉学科助教。介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士でもある。地域包括ケアの観点からもデスカフェの多様性に魅力と可能性を感じ、研究を続けている。また、デスカフェサミット2021開催へ向けても動き出しており、2022年にはリアルイベントの開催も目指している

「日本では死が生活から離れていると言われてきましたが、一方で、多死社会の広がりとともに、死について語る場が求められていると感じています。近年同じように広まっているものに認知症カフェや子ども食堂がありますが、これらも社会の求めに応じて各地に広まり、定着していったものです。また、デスカフェは“死をカジュアルに話す”ことが目的です。結論を出すことではなく対話することが重要な場ですから、そのような場を求める人にとっても、死というワンテーマがあると、参加しやすいのではないでしょうか」

また、山内さんに場を提供した光明寺のように、寺院でデスカフェが開催される例は増えている。それとともに、僧侶が関わることも増えてほしいと吉川氏は期待感を込めて言う。

「寺院は全国津々浦々にあり、地域の人が集まり、何らかの交流が生まれてきた場です。その歴史から、そこはかとない安心感が寺院にはあると私は感じているのですが、この安心感こそ、寺院が持つ力ではないでしょうか。デスカフェは一度参加して終わりではありません。参加したことで新たなつながりが生まれます。それは寺院が担ってきた役割と同じです。ですから寺院がデスカフェの場となることは、必然なのです。加えて、生死を扱うという僧侶の職業の特異性を考えても、寺院でデスカフェが開催されることは自然な流れだと言えます。寺院が持つ可能性はまだまだ生かし切れていません。だからこそデスカフェを通して寺院が人と人を結ぶ場であることを再確認し、新たな価値につなげてほしいですね」

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む