柳田由紀子『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』が第69回日本エッセイスト・クラブ賞受賞! ジョブズが「生涯の師」と仰いだ日本人僧侶の生と死に迫る骨太ノンフィクション

株式会社集英社インターナショナルのプレスリリース

集英社インターナショナルより2020年4月に刊行した、柳田由紀子著『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』が「日本エッセイスト・クラブ賞」を受賞しました。

※『さだの辞書』(さだ まさし著/岩波書店)と同時受賞です。

日本エッセイスト・クラブ賞

日本エッセイスト・クラブ(1951年設立)が1952年に制定。文芸作品等創作を除く一切の評論、随筆等の中より各関係方面の推薦を受け、日本エッセイスト・クラブに設けられた選考委員により選考する。

本書の内容

「ハングリーであれ、愚直であれ」(スティーブ・ジョブズ)
──この言葉は禅の教えだった!

スティーブ・ジョブズの「生涯の師」で、iPhoneやiPodなどの革新的製品の設計思想にヒントを与えた日本人僧侶・乙川弘文。しかし、彼の人生はいくつもの「謎」に包まれている。

「日本曹洞宗の明日を担う」とまで期待された若き僧侶は、なぜ故郷を捨て、アメリカに渡ったのか?
ある人は「あんなに優れた禅僧はいない」と激賞するが、「女にだらしない、酒浸りの男だった」と批判する人もいる。──彼はいったい何者だったのか?

関係者への徹底的な取材の中で浮かびあがってくる、ジョブズとの魂の交流。

僧侶としての苦悩。
そして、スイス山奥での突然の死。その真相は?

在米ジャーナリストの著者が足かけ8年にわたる執念の取材の末に突き止めた真実。

オーストリアの山々を背にしてたたずむ晩年の弘文。アメリカとヨーロッパで精力的に布教していた

オーストリアの山々を背にしてたたずむ晩年の弘文。アメリカとヨーロッパで精力的に布教していた

「仏法の塊のように生きた」弘文。晩年、オーストリアにて書にいそしむ ©Nicolas Schossleitner

「仏法の塊のように生きた」弘文。晩年、オーストリアにて書にいそしむ ©Nicolas Schossleitner

著者プロフィール柳田由紀子(やなぎだ・ゆきこ)
作家、ジャーナリスト。1963年、東京生まれ。1985年 早稲田大学第一文学部演劇専攻卒業後、新潮社入社。月刊「03」「SINRA」「芸術新潮」の編集に携わる。1998年、スタンフォード大学他でジャーナリズムを学ぶ。現在、アメリカ人の夫とロサンゼルス郊外に暮らす。著書に『二世兵士 激戦の記録──日系アメリカ人の第二次大戦』(新潮新書)、翻訳書に『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ』(集英社インターナショナル)などがある。

柳田由紀子

柳田由紀子

書籍情報

書名:『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』
著者名:柳田由紀子
発売:2020年4月23日
定価:2,090円(税込)
体裁:四六判/ハードカバー
頁数:336ページ
発行:集英社インターナショナル
発売:集英社
※電子書籍 配信中

★プロローグ&第1章を無料公開中
https://bit.ly/3wN45LO

★書籍詳細ページ

https://bit.ly/3g3EOWN

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む