ソローのシンプルライフを感じる年末の短期休暇、テンプルステイを楽しもう

Cultural Corps of Korean Buddhismのプレスリリース

【ソウル(韓国)2019年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】米国の著述家、ヘンリー・デービッド・ソローは、ウォールデン池畔のシンプルライフの価値に関する著書「ウォールデン」(森の生活)で、「愛より、お金より、 名声より、真実を与え給え」とつづった。

インタラクティブなマルチチャンネル・ニュースリリースの体験は以下参照。
https://www.multivu.com/players/English/8643251-enjoy-simple-life-year-end-getaway-templestay/

2019年の終わりは、うまくいかなかったものを手放し、新たな解決を来年に託すのにふさわしい時である。1年のこの時期、われわれはシンプルライフと変わらない人生の真実を求めたソローにより親しみを感じるかもしれない。そこで短期間、彼のような生活を試みるのはいかがだろうか。韓国のテンプルステイ(Templestay)がいい解決法になる。

テンプルステイはなじみがなさそうにみえる。この寺院(temple)と滞在(stay)を合わせた表現は、韓国の仏教寺院が提供するプログラムのことである。プログラム参加者は寺院に2日間滞在し、仏教儀式の「Yebul」(礼仏)や108回礼拝する「108 bae」、禅の瞑想(めいそう)「Chamseon」(参禅)、また、茶を飲みながらの僧との対話を体験する。

Yebulと瞑想のような活動を望むなら、体験志向のテンプルステイを選ぶことができる。ストレスの多い日常生活と離れた静かな時間が必要なら、リラックス中心のプログラムを試みてもいい。韓国では130以上の寺院がテンプルステイ・プログラムを提供しており、このうち27カ所は英語で対応している。
歴史と文化に興味があるなら、通度寺、法住寺、麻谷寺などユネスコが2018年に世界遺産に登録した韓国の山寺の1つに滞在することもできる。これらの寺院は、1700年の歴史で住民生活に深く根差す韓国仏教として認定された。

寺院では午前4時に起床。そこでは時間のたち方が違う。内面、そして、自分の人生で本当に価値があるものに完全集中できる。とりわけ、韓国の伝統的な木造寺院で過ごす1晩は、ウォールデン池の小屋のシンプルライフのようである。

詳しい情報、予約はテンプルステイのウェブサイトeng.templestay.com を参照。問い合わせは電子メール(support@templestay.com )でテンプルステイ情報センターへ。2019年の年末、真の幸福を見つけるこのテンプルステイの旅に出よう。

ソース:Cultural Corps of Korean Buddhism
Enjoy Templestay for year-end getaway to feel Thoreau’s simple life on the shore of Walden pond
PR81524
SEOUL, South Korea, Nov. 15, 2019/PRNewswire=KYODO JBN/–

American writer Henry David Thoreau said “Rather than love, than money, than
fame, give me truth” in “Walden,” his book about the value of living simply on
the shore of Walden pond.

Experience the interactive Multichannel News Release here:
https://www.multivu.com/players/English/8643251-enjoy-simple-life-year-end-getaway-templestay/

The end of 2019 year will be a good time to let go of what did not work out
this year and make new resolutions for next year. At this time of a year, we
could more relate to Thoreau who sought the value of simple living and
unchanging truth of life. Then, why don’t we try to live like him for a couple
of days? Templestay in Korea would be a good solution.

Templestay might sound unfamiliar to you. This combined expression of a temple
and a stay is a program that Korea’s Buddhist temples offer. A participant in
the program stays at a temple for two days and experiences “Yebul” (Buddhist
ceremony), “108 bae” (108 prostrations), “Chamseon”(Seon meditation) and a
conversation with a monk over tea.

If you want activities such as “Yebul” and meditation, you may choose an
experience-oriented Templestay. If you need a quiet time out of your stressful
daily life, you may try a Templestay focusing on relax-oriented programs. In
Korea, more than 130 temples offer Templestay programs and 27 of them are
operated in English.

If you have interest in history and culture, you can stay at one of the
mountain temples in Korea, designated in 2018 by the UNESCO, including
Tongdosa, Beopjusa and Magoksa. These temples were designated as the world
heritage sites as Korean Buddhism had been deeply rooted in people’s lives for
1,700 years of its history.

At a temple, you get up at four in the morning. Time passes differently here.
You can totally focus on your inner side and what is really valuable to you in
life. Most of all, one night at a traditional wooden temple in Korea would be
similar to a simple life in a cabin at Walden pond.

For detailed information and reservations, please refer to Templestay’s website
eng.templestay.com. For more inquiries, please contact Templestay Information
Center by e-mail(support@templestay.com). Then at the end of 2019, let’s go on
this journey to find the true happiness: Templestay.

Source:Cultural Corps of Korean Buddhism

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む