第7号のテーマは「神社仏閣」。日本のカルチャーをアート&デザインラバー向けに紹介する日英バイリンガルの東京ガイド「TOKYO ARTRIP」

美術出版社
今にふさわしい、心穏やかになれる約30の神社仏閣を美しい写真とともに紹介。

株式会社美術出版社(東京・品川/代表取締役社長:遠山孝之)は、『TOKYO ARTRIP 神社仏閣 SHINTO SHRINES AND BUDDHIST TEMPLES』を、2020年7月31日に発売いたしました。

2017年10月にスタートした「TOKYO ARTRIP」シリーズは、日本茶、和菓子、建築、和骨董、日本酒、喫茶店と続けて刊行、新刊の神社仏閣は第7号になります。既刊のうち一部は、簡体字中国語版も発売になっており、日本はもちろん、海外の読者にも人気のあるシリーズに成長しました。

表紙のイラストレーションは、人気イラストレーターNoritake

注目の最新号には、東京国立博物館の皿井舞さん、建築家の福島加津也さん、スウェーデン出身庭師の村雨辰剛さん等のアドバイスをもとに、①仏像・日本美術を鑑賞する ②建築、都市論という視点で、見る ③東京の歴史や風土に触れる ④お参り+αを楽しむ、という4つの切り口で、おすすめの場所をセレクト。〝神社仏閣〟をテーマに東京を知る、遊ぶための貴重な1冊です。また、祭・縁日・年中行事やお守りなどの授与品に関するためになるコラムや、東京から日帰り旅行とうたった鎌倉の神社仏閣の特集も掲載。美しい写真を大胆に配したページ構成も魅力のひとつです。

PART1より。テーマは「仏像・日本美術を鑑賞する」。東京国立博物館の皿井舞さんのアドバイスをもとに、高幡三明王院金剛寺(写真)等5つの仏閣を紹介。

PART2より。テーマは「建築、都市論という視点で、見る」。建築家の福島加津也さんがセレクトした、明治神宮(写真)を含む、ユニークな名所が5ヵ所登場します。

PART3より。テーマは「東京の歴史や風土に触れる」。スウェーデン出身の庭師、村雨辰剛さんおすすめの5つの神社仏閣は、日枝神社(写真)をはじめ、どこも凛とした気持ちのいい場所。

コラムより。「東京の神社仏閣、見逃せない祭・縁日・年中行事」では、いつもと違う、賑やかな雰囲気を堪能できる特別な日20と、そのいわれを、写真と一緒にお届けします。

「東京から日帰り旅行、歴史息づく古都、鎌倉へ」では、アート&デザインラバーが、鎌倉で訪れるべきスポットを8ヵ所取材しています。

「TOKYO ARTRIP」シリーズ、大ヒット発売中!

[書籍情報]
『TOKYO ARTRIP 神社仏閣 SHINTO SHRINES AND BUDDHIST TEMPLES』
発売:2020年7月31日(金)
定価:1700円+税
発行:美術出版社
ISBN:978-4-568-43118-6
仕様:並製、128ページ、栞付き
ご購入はこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4568431182

【書籍PR :SNS】
Twitter @bss_books( https://twitter.com/bss_books
Instagram @bss_books( https://www.instagram.com/bss_books

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む