火災で本堂が全焼した四国の番外札所、童学寺。重要文化財「本尊・薬師如来」の台座と光背を再建するためにクラウドファンディングに挑戦!

いまだからこそ、多くの人の願いを聞きたい。

宗教法人 童学寺のプレスリリース

四国別格二十霊場二番札所の童学寺(住職:塩田龍澄)は、2020年12 月17 日よりクラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援を募集することとなりました。
火災で失われた国の重要文化財である「本尊・木造薬師如来坐像」の台座と光背を再建することを目標としています。
クラウドファンディングURL:
https://readyfor.jp/projects/dougakuji

火災で失われた本堂と仏具の数々。再興まであと少し

焼け落ちた本堂

焼け落ちた本堂

消火活動の最中

消火活動の最中

童学寺は平成29年3月25日、火災で本堂と庫裡を焼失しました。
あれから3年半が経過し、多くの方の協力で約1億3000万円の再建資金が集まり、現在は本堂の設計段階に入っています。
しかし、本堂の中の荘厳(飾りなどの備品)にも多くの資金が必要であり、約1500万円程度を必要としています。
今回のクラウドファンディングでは、本尊の台座と光背を再建するための費用300万円の支援を一つの目標としています。

少しでも多くの人の願いを聞き、繋がりを作りたい ― 塩田龍澄住職からのメッセージ ―

塩田龍澄住職

塩田龍澄住職

これまで私のもとには、様々な悩みを抱えた人が訪れ、話すうち、ほっとした表情で帰っていくこともありました。しかし今、新型コロナウイルスの影響で話をしに来る人も減っています。
実際に、納経所を訪れる人は前年から48%減少し、春と秋に開催している手作り市「いろは市」も、来訪者数は35%減少しています。
日本全体で人と人の触れ合いが激減し、心のやり場に悩む人が増えているのではと肌で感じています。

新型コロナウイルス流行以降の来訪者数

新型コロナウイルス流行以降の来訪者数

今回のクラウドファンディングのリターン(支援のお返し)では、支援してくださった多くの方の願いを自由に記載していただき、それに合わせてお札を用意し、毎朝祈願するというプランもご用意しました。直接会うことが叶わなくとも、少しでも繋がりを作りたいと考えています。これをきっかけに、童学寺に直接足を運び、声をかけてもらえることがあればとても嬉しいです。

ご自身で気が付かなくても、あなたを助けてくれる人がいます。心穏やかに過ごすことができるよう、お祈りしています。

【クラウドファンディング紹介動画】

【クラウドファンディング概要】

  • ​クラウドファンディングURL
    https://readyfor.jp/projects/dougakuji
  • 募集期間
    2020年12月17日(木)10:00 ~
    2021年2月17日(水)23:00
  • 資金用途 本尊・薬師如来坐像の台座と光背の再建
  • 募集金額 300万円

【童学寺について】

  • 所在地 徳島県名西郡石井町石井城ノ内605
  • 本尊 薬師如来(国重要文化財)
  • 四国別格二十霊場二番札所
  • 四国三十六不動霊場十一番札所
  • 西暦700年、行基菩薩が開創。弘法大師が子供の頃勉学にはげみ「 童学寺」の名を名乗る。
  • 戦国期、土佐の長曾我部の焼き討ちで伽藍を失ったが、江戸期に復興。
  • 平成29年、火災で本堂・庫裡を焼失した。

【童学寺公式アカウント】

【お手紙等の送付について】
「お名前」「ご住所」「電話番号」を記載の上、下記の住所までご郵送ください。
〒779-3232
徳島県名西郡石井町石井城ノ内605
童学寺 塩田龍澄宛

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む