地域創生のための総合情報誌『地域人』第66号 特集「現代の精進料理」2月10日発売

大正大学(学長:髙橋秀裕、所在地:東京都豊島区)では、地方創生のための総合情報誌『地域人』
第66号を2月10日に発売します。
今月の特集は「現代の精進料理」。精進料理は、もともと禅宗の修行僧の食事として伝えられてきたもので、動物由来の食材をいっさい使わず、ニンニクやネギなどの五葷(ごくん)と呼ばれる香りの強い野菜も使いません。仏教に根差した精進料理はまた、健康を大事にし、環境保護に目を向け、動物愛護の思想・哲学を持つ、ヴェジタリアンやヴィーガンの人たちの生き方とも重なります。
今また注目を集める現代の精進料理を、新たな観点から見直します。

『地域人』第66号表紙

巻頭インタビューは永平寺で料理を担当する典座を務めた吉村昇洋さん

■概要
●その一 お寺ごはん 取材・文・撮影/森枝卓士(フォトジャーナリスト)
・青江覚峰 浄土真宗東本願寺派湯島山緑泉寺住職 『宗派を超えて 「料理僧」が伝える仏教』
・西井香春 臨済宗泰元山三光院執事 『究極の引き算が生み出す 皇室ゆかりの門跡尼寺料理』
・飯沼康祐 天台宗金剛山福昌寺副住職 『「お寺に来てよかった」 精進料理を仏教の入り口に』
・藤井まり 料理研究家、鎌倉不識庵「禅味会」主宰 『身近な食材の滋味あふれる精進料理が心と体を満たす』

●その二 能登の農家民宿 取材・文・撮影/島村菜津(ノンフィクション作家)
・春蘭の宿 『きのこや山菜を塩蔵保存する 伝統の技を生かした料理』
・ゆうか庵 『体にも心にも優しい味わい。 彩りの美しい創作料理が人気』
・里山まるごとホテル 『農家の知恵や地域に伝わる料理 古民家暮らしの魅力を伝える』

●その三 新しい精進 取材・文・撮影/森枝卓士(フォトジャーナリスト)
・石山 洸 株式会社エクサウィザーズ代表取締役社長 『殺生しないカッコよさが日本の社会を救うかもしれない』
・藤井小牧 精進料理カフェ こまきしょくどう 鎌倉不識庵女将 『型の中で、自在に遊ぶ 精進料理が身近に』

■特集内容(一部抜粋)
●取材を終えて 森枝卓士(フォトジャーナリスト)『食は生き方そのもの 時代が精進料理に追いついた』

東京都小金井にある三光院の雅な精進料理

能登の農家民宿で味わえる地元野菜を使った伝統料理

■媒体紹介
『地域人(chiikijin)』
2015年9月に創刊。地域で活躍する人々の前向きで積極的な“生”の情報を新鮮なまま毎月お届けし、ビジネスや生活に役立つことはもちろん、地域創生のテキストとしても活用されています。
発刊:月刊(毎月10日発売予定)/定価:本体1000円+税。4月からは価格表示が変わります。/発行・発売:大正大学出版会/編集:大正大学地域構想研究所/制作:大正大学事業法人 株式会社ティー・マップ/編集・発行人:柏木正博(大正大学専務理事)/編集長:渡邊直樹(大正大学客員教授)/部数:1万5000部/判型:A4変型/平綴じ/ページ数:本文104ページ/大型書店、ウェブ書店で発売中。電子版も発売中。https://chiikijin.chikouken.org/chiikijin

◆大正大学
大正大学は、設立四宗派の天台宗・真言宗豊山派・真言宗智山派・浄土宗および時宗が協働して運営する大学です。その協働の精神を支えているのが、大正15年(1926)の創立時に本学が掲げた、「智慧と慈悲の実践」という建学の理念です。建学の理念のもとに〈慈悲・自灯明・中道・共生〉という仏教精神に根ざした教育ビジョン「4つの人となる」を掲げて教育研究の活動を展開しています。また、令和2年度文部科学省「知識集約型社会を支える人材育成事業」に本学の推進する「新時代の地域のあり方を構想する地域戦略人材育成事業」が採択されました。公式HP:https://www.tais.ac.jp/

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む