コスモス寺の“救済の教え”を託した「思いやりの心を天然石に込めて 文殊菩薩ピンクブレスレット」が「フェリシモ おてらぶ」から〜般若寺の境内を埋めつくすように咲く約15万本のコスモスもイメージ

株式会社フェリシモのプレスリリース

フェリシモが展開する「フェリシモおてらぶ™」は、「思いやりの心を天然石に込めて 文殊菩薩(もんじゅぼさつ)ピンクブレスレット」を発表、5月26日に誕生ストーリーBlogを公開し、ウェブ予約販売中です。お寺さまと一緒にコンセプトやデザインを考えて形にしていくグッズ企画として誕生した商品です。「文殊進行」の特徴である「弱者救済」の教えを説き歩んだ“忍性さん(忍性菩薩)”の「利他の行(自分を高め、他者の利になる行いをする)」に想いをかけて、般若寺 副住職 工藤顕任さんと「フェリシモ おてらぶ」部長“ひさよし”が形にした特別なブレスレットです。それぞれ8粒のローズクォーツとピンクジェイドで、般若寺ご本尊の八字文殊菩薩をイメージし、天然石の間には、お寺の縁起「十三重石宝塔」にちなんでピンクゴールドの13粒のそろばん玉のようなパーツが配されています。申し込むと「フェリシモ定期便」の2021年9月分(8月中旬頃から順次)届く予約商品です。

コスモス寺の“救済の教え”と咲き誇るコスモスに想いを託したブレスレット

般若寺の境内を埋めつくすように咲く約15万本のコスモスをモチーフにしたブレスレットです。それぞれ8粒のローズクォーツとピンクジェイドで、ご本尊の八字文殊菩薩をイメージしています。天然石の間にレイアウトされたピンクゴールドの13粒のそろばん玉のようなパーツは、お寺の縁起である「十三重石宝塔」にちなんでいます。自分を愛し、他者を愛し、弱者を助けることのできるやさしい人でありたい。そう願う気持ちにそっと寄り添います。ブレスレットは、般若寺でご祈祷されています。

【NEW】思いやりの心を天然石に込めて 文殊菩薩(もんじゅぼさつ)ピンクブレスレット
1本 ¥3,900(+10% ¥4,290)
商品の詳細とウェブでのお申込み>> https://feli.jp/s/pr2105282/1/

◆「人を助ける思いやりの心」を思い出してほしい。 般若寺 副住職 工藤 顕任さんのおはなし
当山がこのブレスレットにかける想いは「人を助ける思いやりの心」を思い出してほしいということです。今世界はコロナ禍の影響が強く出ており、私たちが本来持っている「人を助ける思いやりの心」が身をひそめてしまっているように思います。
般若寺の縁起には、「人を助ける思いやりの心」で行動した忍性さん(忍性菩薩)というお坊さんがいます。幼いころからお母さんと一緒にお寺を参っていましたが、忍性さんが16歳のころ、お母さんは病にかかり亡くなってしまいます。忍性さんは病に伏せたお母さんを安心させようと僧侶の姿を見せて安心させてあげたのだそうです。これをきっかけに忍性さんは弱者救済の一生を歩むことになりました。
般若寺に伝わる「文殊信仰」の特徴は弱者救済にあります。忍性さんは今でいう福祉施設のような場所も作り、孤児や老人、病に苦しむ人など弱い人びとに現実的な救いを行ったうえで、基本的な道徳である戒律を教えて生活者の生に寄り添いました。そんな忍性さんの思いを託したブレスレットを通じて、人につらく当たってしまいそうなときに「人を助ける思いやりの心」を思い出していただきたいと思います。

◆般若寺
飛鳥時代に開かれた真言律宗の古刹。1180年「南都焼討」に遭うが、鎌倉時代に真言律宗宗祖 興正菩薩叡尊と観良房良恵によって十三重石宝塔をはじめ七堂伽藍を再建。金堂本尊には丈六の文殊菩薩が奉られ信仰の中心となる。叡尊上人は菩薩の教えである利他の行(自己を高め他に利益する行い)を実践し、忍性をはじめ弟子たちと病者や貧者の救済に尽くした。救済の中心には文殊信仰があり「文殊信仰を行う者には、文殊菩薩が貧窮孤独に苦しむ人びととなって現れて私たちを試す」と伝えられ、弱者を文殊菩薩と信じ救済活動(文殊供養)が続けられている。
今から40年程前、荒寺状態だった境内で前住職が境内に一輪のコスモスが咲くのを見つけ「多くの人にコスモスを見ていただき、心を和やかに持ってほしい」とコスモスを研究。今では約15万本30種類のコスモスが植えられ、秋の満開時にはコスモスの彩りと古い堂宇とがマッチして花浄土のような景色を見ることができる。
・ウェブサイト>> http://www.hannyaji.com/

・商品誕生物語を「おてらぶ」ブログで読む>> https://feli.jp/s/pr2105282/2/

・新作「思いやりの心を天然石に込めて 文殊菩薩ピンクブレスレット」をデジタルカタログで>>
https://feli.jp/s/pr2105282/3/

◆おてらぶ商品一覧をウェブで>> https://feli.jp/s/pr2105282/4/

◆フェリシモおてらぶ™
2014年から活動を開始した、お寺文化から心豊かな暮らしのヒントを探す、フェリシモの部活動です。仏女や仏教系男子でなくても、かわいい!おもしろい!をきっかけに、お寺文化から暮らしに役立つヒントを学べるユニークな雑貨や、レッスンプログラム商品。また、イベントなどを通じて、お寺の学びと暮らしをつなげる機会創造を続けています。お寺オリジナルのグッズや、お土産などの製作、展覧会のミュージアムグッズの製作などを、ホームページの[お問い合わせ]で受け付けています。
・ホームページ>> https://feli.jp/s/pr2105282/5/
・Instagram(@foterabu)>> https://www.instagram.com/foterabu/
・Twitter(@foterabu)>> https://twitter.com/foterabu
・Facebook(@foterabu)>> https://www.facebook.com/foterabu/

・おてらぶ部長ひさよし
おてらぶ部長兼おてらグッズのプランナー。もちもち邪鬼ポーチ、らほつニットキャップなど、ユニークな視点で企画した商品が斬新過ぎると世間の話題をさらう。家でも仏像の前でボーっとすることが至福のとき。

◆フェリシモ部活>> https://feli.jp/s/pr2105282/6/

お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき11円(税込み)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO[フェリシモ]」~
ファッションや雑貨など自社企画商品を中心に、カタログやウェブなどの独自メディアで生活者に販売するダイレクトマーケティングの会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性” “独創性” “社会性” の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
証券コード : 東証1部3396
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr200803/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr200803/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr200803/3/

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む