『比叡山仏教文化シンポジウム』9/12 オンライン無料配信(アーカイブでの後日試聴も可)

「比叡山焼き討ちから450年の時を経て…」 ―織田信長公・明智光秀公の末裔を比叡山に迎える初の特別対談―

滋賀県のプレスリリース

来る9月12日(日)、天台宗総本山 比叡山延暦寺は、「比叡山焼き討ちから450年の時を経て…」と題した『比叡山仏教文化シンポジウム』を延暦寺会館大ホールで開催します。同会場からYoutubeの「比叡山延暦寺公式チャンネル」にてオンライン無料ライブ配信が行われます。

本年は比叡山焼き討ち(延暦寺では「元亀の法難」という)から 450 年の節目の年にあたり、またシンポジウム当日は、元亀2年に焼き討ちが行われた日でもあります。
この歴史的な出来事があった日に、当事者である織田家、明智家の末裔をお迎えし、延暦寺からのパネラーも交え、それぞれの視点と戦国時代から現代に至る軌跡を「怨親平等(※おんしんびょうどう。恨み敵対した者も親しい者も同じように扱うこと)」の考えに立ち、対談していただきます。
また、シンポジウム終了後は墨絵師・御歌頭(おかず)氏によるライブパフォーマンスや信長隊安土衆による口上、勝どきなども引き続き配信されます。

9月3日(金)、県庁記者クラブで会見した比叡山延暦寺の今出川参拝部長は、『「怨(うら)みを以(もっ)て恨みに報(ほう)ぜば 怨み止まず、徳を以て怨みに報ぜば 怨み即ち盡(つ)く」という伝教大師最澄の教えに基づき初の試みとして企画したもので、焼き討ちから450年を経て、新たな関係性を前向きに築ければ・・・』とシンポジウムに込めた想いを語られました。

今年は伝教大師最澄の1200年大遠忌にもあたり、様々な記念事業が予定されるなど、大きな節目を迎える比叡山延暦寺に注目が集まっています。
※比叡山延暦寺HP https://www.hieizan.or.jp/

<比叡山仏教文化シンポジウム オンライン配信概要>
【名  称】 「比叡山仏教文化シンポジウム」×「めくるめく歴史絵巻滋賀・びわ湖」オンラインイベント
【開 催 日】  令和3年9月12日 13:30~16:00
【会  場】 延暦寺会館 (滋賀県大津市坂本本町4220 比叡山 延暦寺内)
※一般入場不可(事前申込いただいたメディアの方は取材いただけます。)
【配信方法】 Youtubeで無料ライブ配信(アーカイブでの後日試聴も可能)
配信URL: https://youtu.be/DBUvXqmnZaY
【内  容】
第1部   比叡山仏教文化シンポジウム  13:30~
「比叡山焼き討ちから450年の時を経て…」織田信長公・明智光秀公の末裔をお迎えしての特別対談
●パネラー:織田茂和氏(織田信長公末裔)
明智憲三郎氏(明智光秀公末裔)
水尾寂芳氏(延暦寺代表役員執行)
●コーディネーター:髙山みな子氏(フリーランス・ライター、勝海舟公末裔)

 第2部 「めくるめく歴史絵巻 滋賀・びわ湖」オンラインイベント 15:15~
「墨絵師御歌頭LIVEパフォーマンス・信長隊安土衆による口上/勝どき等」
●御歌頭氏:戦国魂所属の墨絵師。戦国武将を中心とした動物・自然などあらゆるものを墨絵で表現。
近年はアニメ作品や舞台の墨絵化などで高い評価を得ている。
●信長隊安土衆:一般社団法人近江八幡観光物産協会内で有志が‘結成した安土城時代の織田信長公を中心とした
武将隊。全国各地に滋賀・びわ湖などをPRするために活動。

【ライブパフォーマンスや勝どきの様子(イメージ)】

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む