モフモフなお稲荷様にいやされる無料ボイスドラマを『DLsite』が2週連続配信! 第1弾のヒロインを演じるのは安野希世乃さん

株式会社エイシスのプレスリリース

二次元コンテンツのダウンロード販売サービス『DLsite』(株式会社エイシス、所在地:東京都千代田区、代表取締役:明石耕作)は、無料の連作ボイスドラマ「モフられのお稲荷様」を2週に渡り公開します。9月17日に公開の第1弾「モフられのお稲荷様 五十鈴編 」ではヒロイン・五十鈴役を安野希世乃さんが演じています。

「モフられのお稲荷様 五十鈴編 」特設ページ:https://www.dlsite.com/modpub/lp/home/mofmof1

株式会社エイシスの運営する『DLsite』は、マンガ・ゲーム・ボイスドラマ等を販売する、二次元コンテンツの総合ダウンロードサービスです。
『DLsite』では、昨今バイノーラル録音※を取り入れたボイスドラマやASMR※音声の人気が高まっており、クリエイターから登録される作品数、ユーザーによるダウンロード数ともに好調に推移しています。

ボイスドラマの魅力をさらに多くの方に体験いただけるよう、『DLsite』では定期的にオリジナル作品を製作し、無料で公開する取り組みを行っております。

ボイスドラマ「モフられのお稲荷様」

2週に渡り2話連続でお届けする「モフられのお稲荷様」は、寂れた神社にまつられた2体のお稲荷様と、神社にゆかりのある家に生まれた青年(聴き手であるあなた)の交流を描いたボイスドラマです。
第1作は安野希世乃さん演じるお稲荷様・五十鈴、第2作(9月24日公開予定)では安済知佳さん演じるお稲荷様・時雨とのやり取りがそれぞれにくり広げられます。
お稲荷様のふたりは、いずれも美しい毛並みの立派な尻尾と感情にあわせてこまやかに動く大きな耳を持ち主です。
神様という特別な存在ではあるものの、思わずモフモフと触りたくなる愛くるしさがあふれています。
非日常的なヒロインと過ごす、癒しのひとときをぜひお楽しみください。

・モフられのお稲荷様 五十鈴編

「我が社に無断で踏み入るとは何事じゃ?
わらわは五十鈴、この神社の祀神であるぞ!」

先祖代々伝わる私有地の山を散歩している最中に見つけた寂れた神社に立ち寄って休憩していると、自称社の守り神の狐少女「五十鈴」が現れる。
目的もなしに入るでないとプリプリ怒る彼女に持っていたお菓子をあげると途端に機嫌がよくなり、また明日も来い、と命じられる。
こうして狐神様との奇妙な交流が始まった――

作品名  :モフられのお稲荷様 五十鈴編
出演   :安野希世乃
価格   :無料
特設ページ :https://www.dlsite.com/modpub/lp/home/mofmof1
試聴動画    :https://youtu.be/MXTe5gIJSYM
​備考 :ダミーヘッドマイクを利用し録音した、高音質なバイノーラルボイスドラマです。視聴の際は、イヤホンやヘッドホンのご利用をおすすめいたします。

※作品のダウンロードには、DLsiteへの無料会員登録が必要です。
※時雨編は9月24日公開予定。

※バイノーラル録音、バイノーラル音声とは
人間の頭部の音響効果を再現するダミーヘッドマイクやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く「音」を記録する録音方式、またそのように録音を行った音声のこと。この音声データをステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聞くと、その場に居合わせているような臨場感を味わうことが出来ます。話し手の息遣いや、登場人物との距離感、環境音による空間の広がりなどが鮮明に感じられるため、通常の録音方式に比べて作品世界への没入感を強く得ることが出来ます。

※ASMRとは
ASMRとは視覚や聴覚からの刺激によって引き起こされる心地よさや、脳がぞわぞわするような感覚を表す言葉です。
焚火の音、包丁で食材を刻む音、耳かきで耳の中がこすれる音、ささやき声など、どんな刺激を心地よいと感じるかは人によって異なりますが、これらの要素を盛り込んだ動画を視聴することでリラックス効果などが得られるとして注目を集めています。
また、ターゲットの五感に訴えかける効果から、ASMRを取り入れたプロモーション事例も増加しています。

「聴いて、モフモフして、気に入ったら1人あたり10人の方に勧めてください」――五十鈴役・安野希世乃さんスペシャルインタビュー

Q.五十鈴役を演じてみていかがでしたか?「うわ~、こういう役、めったにやらないなぁ」っていう役を、今回やらせていただけたなぁと思いました。
こういった女の子のイメージが私についているわけでもないと思ったので、私の中にある、、泣かしたくなる感じの強気の女の子をちゃんと作れてたらいいな。練習でやっていた時よりも、より感情豊かな女の子に吹き込まれたんじゃないかなって思います。
実は、今日はお写真も撮っていただけるということだったので、狐の耳のような可愛い髪型にしてもらい、メイクの方もアイラインを狐らしくハネていただきました!

Q. 収録中は、実際に振り向いたりと、動きのあるお芝居をしていましたね。
いつものアフレコマイクで演じている時より、本当にここに人がいて、その耳に向かって話しかけているんだって感覚をすごく持てたので、耳に対する細かい演技をしてみたい気持ちが湧いてきましたね。
モフモフされているシーンでは、「もういっそ背中向けちゃいましょう」ってディレクターさんにご提案いただいて。
バイノーラルマイクの前に立って背中を向けて、たまに振り返りながら声をかけるっていう、中々ないリアルなお芝居もさせていただいたので、聴いてくださる皆様にどれくらい生々しく伝わるのか楽しみです。

Q. 五十鈴は甘いものに目がありませんでしたが、安野さんは「これには目がない!」というものはありますか?
やっぱり日本酒ですかね。
日本酒ってすごくロマンがあって、いろんな地域で、それぞれの場所で作られたお酒があるので、たとえば出張に行ったときとか、東京じゃ全然見ないお酒を見つけたりすると、やっぱりテンションが上がっちゃいます。
量がそんなに飲めないので、コロナになる前は、出張で行かせてもらう先々で、マネージャーさんとかスタッフさんとご飯に行くってなったら、「ちょっと日本酒を頼みたいんですけど、手伝ってもらっていいですか?」って言いながら、何種類かちょっとずつ味見して楽しんでいましたね。

Q.次回は安済さんが狐神様を演じますが、どんな作品になると思いますか?
私の五十鈴ちゃんと安済さん演じる時雨ちゃんが同じ祠に暮らしている2匹のお稲荷様で、主人公とは交互に出会う設定ですが、2人がすごい対照的なキャラクターなんですよね。
私は「~じゃ」とか古神様っぽいしゃべり方だったんですけど、安済さんの演じる時雨ちゃんは、しっとりはんなりした関西っぽい口調で、この口調でよしよしされたらきっと気持ちいいだろうなぁと…。
安済さんの声は、聴いていて清涼感のある鈴のような気持ちいい声をしているので、耳元で聴いたら絶品だろうなと思います!

Q.ファンの方へメッセージをお願いします!
今回、狐の神様・五十鈴ちゃんを演じさせていただきました。
10年演じてきた中でも、こういう女の子を演じる機会はとてもレアで、まだまだ出会ったことがない役があるなぁってしみじみ感じました。
11年目にしてこんな素敵な役どころに挑戦できる機会をいただけて、本当に嬉しい限りです。
五十鈴ちゃんやモフられのお稲荷様モフられの狐神様がたくさんの人に愛されて、たくさんモフモフされて、多くの方に幸せをお届けできることを願っております。
聴いてみて、モフモフしてみて、気に入ったら1人あたり10人の方に勧めてください(笑)どうぞよろしくお願いします!

このインタビューの全文は特設ページ上でご覧いただけます。
安野さんが神様のご利益でアップさせたい●●運の話題や、これまでに「ご縁」を感じたエピソードなど作品になぞらえながら安野さんのお人柄にも触れられるお話を公開中です。
ぜひ作品とあわせて、インタビューもお楽しみください。
https://www.dlsite.com/modpub/lp/home/mofmof1

安野希世乃 プロフィール
趣味:日本酒をたしなむこと
特技:歌
出演作品:
「アイカツ!」北大路さくら役
「冴えない彼女の育てかた♭」加藤恵役
「マクロスΔ」カナメ・バッカニア役
「アイドルマスターシンデレラガールズ」木村夏樹役
「かくしごと」墨田羅砂役

  • 安野さんの直筆サインが当たるTwitterキャンペーンを開催!

作品の配信を記念して、安野希世乃 さん直筆サイン色紙が当たるTwitterキャンペーンを開催いたします。
9月30日(木) 23:59までの期間中にDLsite/がるまに広報Twitter( https://twitter.com/DLsite_info )をフォローし、キャンペーン対象ツイートをRTくださった方から抽選で3名様にプレゼントいたしますので、ぜひご参加くださいませ。

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む