祭りの本当の楽しさを伝えたい、マツリテーター・大原 学さん

【寺社Now27号(令和元年9月発行)】より※情報は掲載時のものです

マツリテーターとして人と地域を祭りでつなぐ

神社や寺院などで行われる祭りを通して、人のつながりを生み出そうとしている団体がある。一般社団法人マツリズムだ。代表理事を務める大原学さんは、祭りのツーリズム(Ma-tourism)を通して、地縁のない人たちにも、〝当事者”として祭りを楽しんでもらおうと、6年前に活動をスタートさせた。

大学1 年生の時に〝プチ鬱〟状態を経験したという大原さん。辛い状況から救ってくれたのが、友人に誘われて参加した祭りのエネルギーだった。その原体験をもとに活動を広げている

大原さんの原体験にあるのは、徳島県三好市の阿波踊り。踊りに熱中することで、そこに存在する見えない信仰をつなぐのが祭りなのだと感じたそう

「既存の文化を壊さないように楽しむためには、適切なガイドが必要です。受け入れる側も、忙しい時にホスト役を担ってくれる人がほしい。祭りを通じて人と人、人と地域をつなげるファシリテーターになりたいという思いから、〝マツリテーター〟を始めました」と、経緯を話す。参加した祭りは延べ40回、450名の参加者を引率してきた。

「同じ祭りに2年、3年と参加するようになった頃、根本的な課題に直面しました。外部からの参加者が増えても、祭りを担う=地縁組織の人が減っている。運営基盤を固めていくためには、地域の出身者や新たな住人を取り込むことが急務だったのです」

3年前に法人化するにあたり、祭りがつなぐ縁や仕組みの重要性を啓蒙する活動も始めた。

「私自身、祭りのエネルギーに救われた経験があり、この文化を絶やしたくありません。数百年先まで続けるには何が必要か。そこに、寄り添える存在でありたいと思っています」

数年にわたって参加している東京・墨田区にある高木神社の例大祭。祭りの担い手を増やす活動にも力を入れている

岩手の黒石寺蘇民祭にも平成28年(2016)より参加。奥州市観光や地元のU/I ターン者との交流会なども主催した


一般社団法人マツリズム
住所:東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷4F
TEL:050-5319-9350
HP

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む