伝説のコピーライター「そうだ 京都、行こう。」の太田恵美さんがコロナ禍の今こそ伝えたい「時間」という寺社の魅力

「そうだ 京都、行こう」は、JR東海が平安遷都1200年の平成6(1994)年に向けたキャンペーンとして、平成5(1993)年から実施。京都の寺院で感じられる春夏秋冬のベストシーンに、シンプルだが心に染みる言葉をのせ、ポスターやテレビCMを通じて多くの旅人を京都へ向かわせてきた。このポスターのキャッチコピーとCMのナレーションコピーを初回から生み出し続けているのが、伝説のコピーライター・太田恵美さん。

太田さんは、数行のコピーを紡ぎ出すためだけに京都に通い、見て、感じる。その思いを、いったん京都から離れたのちに、旅人の視点で言葉にしていく。こうした丁寧な作業を実に四半世紀も続けてきた。

ところが……、コロナ禍の影響で毎年春と秋に実施されてきたキャンペーンは中止となり、京都に足を運ぶことすらできなくなってしまった。京都を伝えたいのに京都に行けない。京都へ行ってほしいとも言えない。そんな状況下で彼女は京都に、街の歴史を刻む寺社に、今、何を思うのか。

太田恵美/京都市北区出身、広告代理店嘱託社員時代に「そうだ 京都、行こう」のコピー制作を担当し、平成6(1994)年に独立。サントリー南アルプス天然水などのコピーも手掛ける。「そうだ 京都、行こう」のコピー制作は25年以上になる

1

2 3

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む