防災だけではない活用も!井戸から始まるにぎわい創出

【寺社Now30号(令和2年3月発行)】より

※情報は掲載時のものです

井戸の必要性が再認識されはじめた近年、防災の観点だけではなく、井戸を賑わいづくりに活用する寺社が出てきている。井戸があることで、どんな可能性が考えられるのか。今回は2 つの事例を通して、井戸による寺社活性について考える。


井戸のあるところに人が集う。現代の井戸端づくり

洗濯機がなかった昔は地域に共同の井戸や小川があり、そこで洗濯はもちろん野菜を洗うために女性たちが集まり、世間話に興じていた。そう「井戸端」の語源にもあるように、井戸あるところに人が集う現代の井戸端づくり井戸があるところに昔から人が集まっていた。子供たちの遊び場に、夏の涼にと、井戸はにぎわいには欠かせないものだった。しかし上水道の普及などもあり、いつしか寺社はもちろん、世の中から生活井戸の存在が薄れていく。

ところが近年、防災の議論のなかで井戸の重要性が再認識され、新たに掘削したり、かつての井戸を復活させる寺社が出てきている。もちろん掘削すればすぐに使えるわけではなく、細菌検査といった手続きも必要だろう。それでも井戸を持つに至った大きな理由のひとつは、「井戸が人を呼ぶきっかけになる」から。

 

■事例1

宮司の声に触発された有志が、掘削を通してにぎわいづくり

高津宮(大阪府)

名水の井戸を復活させてにぎわいを取り戻す!

「高津の富」「崇徳院」など古典落語にもたびたび登場する大阪市の高津宮は、かつて境内と参道に井戸や湧水の小川があった。江戸時代にはその水を使う湯豆腐店もあり、たいそうにぎわっていたようだ。しかし第二次世界大戦中の大阪大空襲で、すべて消えてしまう。

「奉職して間もない頃、かつてのにぎわいを知る人に“寂しくなったなぁ”と言われたことが気になって、昔のことを調べました。するとかつては井戸があったことがわかりました。水の流れが途絶えるのは神社にとって寂しいこと。いつかなんとかしたいと思っていたのです」と語る小谷真功(まさよし)宮司。

高津宮は昔から、境内で何かしたいという人が集まってきた場所。人のつながりこそ神社の場としての価値だという小谷真功宮司

摂津名所図会(高津宮蔵)に描かれている高津神社の境内には井戸と小川が見られる。同図会には、多くの人が訪れる参道の店も描かれ、水辺が賑わいの場になっていたことがわかる

そんな折、数年前から神社で「あきんど祭り」を開催していたグループとの世間話の席でこの思いを口にしたところ、それならば、と掘削プロジェクトが昨年スタートした。おもしろいのは、機械で一気に掘るのではなく、手掘りで、それも掘るところから人を巻き込むプロジェクトになっている点。費用的な側面もあるが、何より「境内ににぎわいをつくりたい」と有志グループが考えてのこと。

「掘削はお任せしていますが、神社もできるだけ協力したい。そこでかつて実施していた“富くじ”をあきんど祭りで復活させ、その収益を掘削に充ててもらっています」

高津宮での手作業による掘削は週末を中心に実施。毎月の掘削予定日をホームページやチラシで発信している

たまたま作業実施日に参拝し、飛び入り参加する人もいて、すでに新たな賑わいを生み出している

うまくいけばこの春にも水が湧き、境内に新たな井戸が誕生することになりそうだ。プロジェクトを知った周辺住民からは、神社の名水として販売してほしいなど、多くのアイデアが寄せられているという。

「水は湯立神事で使うことを決めているほか、さまざまな活用ができると期待しています。水が湧くところには人が集まるものです。訪れる人のつながりをつくるきっかけにもしていきたいですね」

新たな井戸は拝殿の目の前。ここは毎月1 日、15 日に行う湯立神事の釜場の隣。ちなみに江戸時代は、この少し南側に井戸があった

高津宮は人の入れ替わりが激しい市街地にある。古くからの住民と新たにこの町へ来た人が交流できる場にしたい。そのきっかけとしても、井戸に期待している。

高津宮

〒542-0072
大阪府大阪市中央区高津1-1-29
TEL:06-6762-1122
HP


 

■事例2

復活した「防災井戸」を都会の子供の学びの場に

花園神社(東京都)

東日本大震災をきっかけに、都会の有事を守れる備えを

令和元年(2019)12月、テレビ東京が実施する井戸掘りプロジェクトの第2弾として、花園神社を舞台にした『新宿で井戸を掘る!』が放送された。その半年前に放送された第1弾の舞台は、六本木の天祖神社。共に、複数の地下鉄が通る大都会の真ん中に鎮座しており、「本当に井戸を掘り当てることができるのか」と、注目を集めた。

「天祖神社のプロジェクトは、息子とテレビで観ていました。『うちでもやってほしいな』と話していたところに、テレビ東京さんから声がかかったのです」と離す片山裕司宮司。

今年の4 月以降、井戸の背後に水神社を祀る予定。花園神社では毎年「酉の市」が開かれているほか、今年はオリンピックも控えているため、多くの人が集まる際にも役立つはず。「何かあった時にはお互い様で、地域で支え合っていきたいですね」と八代目宮司の片山宮司

 

花園神社は江戸開闢以前から400年以上にわたってこの町を見守り続けてきた地域の神社。昭和20年(1945)5月の米軍による山の手大空襲で新宿一帯が焼け野原となるまで、境内にも井戸があったという。

「以前にも、井戸の復活を考えたことがありました。ところが見積もりをとったところ、調査から掘削、設置までで600万円はかかるだろうと言われてしまった。その費用を捻出することは難しく、当時は諦めざるを得ませんでした」

片山宮司が井戸の復活を望んでいた背景には、東日本大震災があった。花園神社は広域避難所に行く際の一時集合場所に指定されているため、震災当日には多くの人々が集まってきた。

「集合場所に指定されていることはわかってはいたものの、実際に災害が起きた際の対処に慣れていたわけではありません。区役所にも応援を求めましたが、あちらもそれどころではない。結局自分たちで乗り越えなければなりませんでした。幸いにも同日中に交通機関は復旧し、みなさん帰宅されましたが、数日にわたって境内で避難生活を送っていただくことになった場合、対応しきれるかわからない。しかし、そんな時に井戸があれば、緊急物資が届くまでの2、3日は過ごせるのではないかと考えたのです」

 

拝殿の裏手には、新宿ゴールデン街がある。眠らない街の神社には、日々、さまざまな人たちが集まってくるため、井戸を中心とした場所が、憩いの場にもなっていきそうだ

 

井戸を神社の宝として、地域のために使っていく

実は、片山宮司には花園神社の井戸を復活させられる確信はあった。平成13年(2001)から始まった副都心線の建設時に水脈が確認されていたのだ。「それから20年近くが経っていたので、その水脈が枯れてしまっている可能性はありましたが、新宿でも井戸は掘れるという期待はありました」

井戸水は飲用には不向きだが、生活雑用水として使える。ポンプには「災害時協力井戸」の札も付けた

結果、5メートルほど掘り進めたところで水脈を発見。最終的には8メートルの井戸が完成した。井戸には、常時3.5トンの水が溜まり、毎分50リットルの水が流れてくる。「手押しポンプ式で水が出るようにしていただいたので、停電の際にも安心です。これで、1000人、2000人規模の人を一度に助けることができます」と片山宮司。

今後は神社の新たな宝として井戸のある環境を育てたいと言う。念頭にあるのは都会の子供たちだ。「水道から水が出ることが当たり前の環境で育つ現代の子供たちに、水を得ることの大変さやありがたさを知るきっかけを与えることができたらいいなと思っています。地域共同体の一部として、ここに神社がある意味を、今後も考えていきたいですね」

 

花園神社

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-17-3
TEL:03-3209-5265
HP


 

費用のほかに許可申請も必要。井戸掘削に必要なこととは

井戸は私有地であっても、誰でも自由に掘削および利用していいわけではない。基本的には自治体への届け出が必要で、また自治体により規定が異なり、中には都道府県知事の許可が必要な場合もある。

加えて地下水汲上が制限されている地域もあるため、特に家庭でなく寺社の施設用に掘削を検討している場合は注意が必要。そのほか、地域によって下水道への排水に新しい設備を必要とする場合もあり、そうなると掘削後の負担が大きくなる。さらにほとんどの自治体では井戸水にも下水使用料がかかってくるため、掘削だけでなく井戸の維持費についても考えておきたい。

花園神社では自前で掘削した時の費用が600 万円程度と見積もりで出ていたが、これも掘削方法、深さなどで異なってくる。近年の井戸需要の高まりを受け、掘削費用がインターネットで公開されるようになってきた。一例を紹介すると、深さが50mより浅くて済む場合は1mあたり5,000 〜10,000 円、それよりも深くなると1mあたり15,000 〜20,000円程度となるようだ。この金額には人件費、材料費が含まれている。なお、20m 以内の浅い井戸を掘る場合は、上記の費用込みで20 〜50万円で頼めるところも増えている。

ただし、施設用と家庭用でも価格が異なり、手掘りは高額、パイプを地面に打ち込んでいくだけの打ち込みであれば安価というように工法でも違う。さらに掘削後の残土処理、ポンプ設置料金、給水設備工事、水質検査は基本的に別料金のため、一概に掘削コストの平均合計額は出せない。あくまで参考だが、深さ30m の施設用井戸掘削(ポンプ設置費込)の場合で約50万円は最低でも必要になるようだ。


寺社Now30号はこちらからお読みいただけます

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む