天から金言が舞い降りる!? トーハク特別展「最澄と天台宗のすべて」に仕掛けられた5つのメッセージ

ミュージアムで至宝に釘付けとなる贅沢な時間。
ふと、天を仰ぐ。
すると、時を越え、天から金言・至言が舞い降りる。

東京・九州・京都と巡回する特別展「最澄と天台宗のすべて」が、その皮切りとなる東京国立博物館で開幕の運びとなった。2021年は、天台宗の開祖「伝教大師 最澄」1200年の大遠忌(だいおんき)にあたり、これを記念して企画された歴史的催事である。

最澄が開いた天台宗の総本山である比叡山延暦寺は、数多くの高僧を輩出し、日本の文化に大きな影響を及ぼしてきた。浄土宗の開祖・法然、浄土真宗の開祖・親鸞、臨済宗の開祖・栄西、曹洞宗の開祖・道元、日蓮宗の開祖・日蓮、時宗の開祖・一遍などなど、まさに日本仏教の源と言っても過言ではない。

その比叡山延暦寺はもとより、全国各地から、天台の秘宝・名宝・秘仏が集い、まさに1200年に及ぶ「最澄と天台宗のすべて」を体感することができる貴重な機会となる。

そして冒頭の、天から金言・至言が舞い降りる仕掛けである。
ひょっとすると、目の前の歴史的な至宝の数々に目を奪われて、まったく気が付かずに会場を後にする観覧者も少なくないかもしれない。それではあまりにも、もったいない。

文字通り「最澄と天台宗のすべて」を目撃するためにも、寺社Nowでは、秘宝・秘仏の詳細な紹介は他のサイトに任せて、あえて「天から舞い降りる声」に注目したい。

まさかの比叡山延暦寺「不滅の法灯」が再現されていて驚かされる

ミュージアムショップには限定の御朱印も! 天台宗の僧侶により日付け入りで授与してもらえる(6種類、1枚700円)

音声ガイドのナレーションを担当した歌舞伎俳優・市川猿之助さん揮毫の御納経帳も!

特設「梵字カフェ」では、比叡山「延暦寺会館」(滋賀県大津市)名物「梵字ラテ」も。自分の生まれ年の干支の梵字で作ってもらえるうえに、延暦寺のご本尊「薬師如来」のお札付き。さらに梵字ラテ注文の方限定で、特設の茶室も利用可能。そのほかヴィーガン・スイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」プロデュースの100%植物性ヴィーガン・クッキーなども販売

人気の仏像イラストレーター・田中ひろみさんも、記念の新作を数々手掛けている

1

2 3 4 5

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む