新しい宿泊の形『文化財泊』Blending history and comfort〜築90年の旧家をリノベーションし、迎賓館として『1日1組限定の一棟貸し旅館』へ。

株式会社鶴林精舎のプレスリリース

2020年11月から、ついに テスト宿泊がスタート 新しい歴史が動き出す

『迎賓館えびす屋』は日本三大総本山の1つである日蓮宗身延山久遠寺の入り口にあり、寺町の歴史や文化、自然を満喫できる伝統的日本建築の一棟貸し旅館である。
身延山は、東京(関東)から一番近い日本仏教の総本山であり、未だに宿坊が複数存在する貴重な町となっており、歴史的にも文化的にも貴重な場所で、関東随一の宿坊群と言われている。
まして周辺は自然に囲まれ、プライベートな山や川、築90年のえびす屋には、大正ロマンの色を残した洋間に、茶室にもなる和室、日本庭園、文化財に匹敵する欄間や、アーティストによる美術品、プライベートなアイランドキッチンやレインシャワーを兼ね備えたお風呂も魅力、コロナの今だからこそ、一棟貸切で、プライベートをのんびり楽しんでいただける空間となっている。また、今この時代だからこそ、心の故郷として身延は心身ともにリトリートするにはもってこいの貴重な環境であると確信している。
本格オープンは来春を予定している『迎賓館えびす屋』であるが、宿泊のみならず、食事会、撮影会、展示会、コロナ禍における「三密」を避けた高級バス旅行や、プライベートブライダルなど、本物の和の空間で行うイベントは一段と本物の魅力が増すはずである。また、建物には『農カフェ』も併設し、地域の食材を使い、ローカルがストロノミーをモットーに本物思考の食事が提供できる。

株式会社鶴林精舎 お問合せ電話番号 0556648081
10:30〜17:00

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む