宇宙寺院の劫蘊寺、ブロックチェーンによるNFTを利用した宇宙供養開始(醍醐寺×京都大学×テラスペース)

テラスペース株式会社

人工衛星開発のテラスペース株式会社(京都市左京区)は、醍醐寺と協力して開発中の宇宙寺院である浄天院劫蘊寺(以下、劫蘊寺)に、ブロックチェーンによるNFT(非代替性トークン)の技術を提供します。それにより劫蘊寺は、2023年に打ち上げ予定の宇宙寺院で、故人のデータを宇宙で供養できる、「宇宙供養」を実施し、今年度から申し込みを受け付けます。


宇宙供養は、故人由来のデジタルデータを宇宙寺院に格納して供養するものです。供養できるデータは、遺影の画像データ、遺伝子情報、戒名などです。これらのデータは地上にある従来の寺院で遺族から預かり、寺院で僧侶が供養した後宇宙寺院内のメモリーに格納します。宇宙寺院の打ち上げ後であっても、供養データは衛星地上局を経由して宇宙寺院に送信することができます。

宇宙寺院は5年から10年で寿命が尽きますが、デジタルデータであれば宇宙寺院が消滅するまでに次世代の宇宙寺院に移動し、さらに果てしない宇宙へと旅立たせることもできますし、地上に帰らせることもできます。
また、寺院において僧侶によって法要が営まれ、供養された「供養データ」であることを保証するために、ブロックチェーン技術のNFT(非代替性トークン)を応用します。NFTを利用すると、デジタルデータに、偽造不可能な所有証明書を付加することができます。これによって、宇宙寺院に格納するデータが正式な僧侶によって供養されたことを保証することができます。

宇宙寺院

一般の寺院も、劫蘊寺と提携することで、デジタルデータを使った宇宙供養を行うことができます。提携の申し込みは本日から劫蘊寺がホームページで受け付けております。

【劫蘊寺公式HP】 https://www.gounji.space/
【醍醐寺公式HP】 https://www.daigoji.or.jp/
【テラスペース公式HP】 https://www.terraspace.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
浄天院劫蘊寺事務局(テラスペース内)
広報担当:今村誠子
Email: info@terraspace.jp

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む