神戸農村サイクルツーリズム実証事業  神戸農村の魅力を体験「モニターサイクリングツアー」を実施 「国宝を有する文化遺産・太山寺とじっくり愉しむ珈琲焙煎体験」に密着!

「この仕組みが普及すれば、車がなくても好きなところに行けるように」

株式会社JR西日本コミュニケーションズ、神戸市交通局、神戸電鉄株式会社、神姫バス株式会社のプレスリリース

株式会社JR西日本コミュニケーションズは、「神戸農村サイクルツーリズム実証事業」の一環で、神戸市交通局・神戸電鉄株式会社・神姫バス株式会社と連携し、2021年11月13日(土)より、自転車を解体することなくそのまま電車やバスに乗車し、自身の自転車で農村地域へ繰り出せる“サイクルトレイン・サイクルバスの実証運行”を開始。その実証運行日程に合わせ、地域の魅力を感じていただけるような観光コンテンツを観光拠点施設・地域事業者が開発し、それらを組み込んだ“モニターサイクリングツアー”を実施しております。11月14日(日)に開催された、“モニターサイクリングツアー“「国宝を有する文化遺産・太山寺とじっくり愉しむ珈琲焙煎体験」では、総勢10名が参加し、神戸市の太山寺、珈琲焙煎体験、神戸ワイナリーや、紅葉の映える神戸農村部の景色を楽しみました。

農村部サイクリング風景

サイクルトレイン記念撮影

■「神戸農村サイクルツーリズム実証事業」について

「神戸農村サイクルツーリズム実証事業」では、地域の活性化、関係人口の増加、移住促進などを目的に、神戸市の農村地域にある自然豊かな田園風景や伝統的な神社仏閣など、魅力溢れる観光資源を自転車で体験できることをPRしてまいります。神戸ならではの「都市から近い農村地域」の魅力を発信するとともに、交通事業者や地域事業者、自治体が連携をして、自転車を活用した周遊観光モデルの構築を目指しています。

この度開始した、「サイクルトレイン・サイクルバス実証運行」では、神戸市交通局や神戸電鉄株式会社、神姫バス株式会社と連携し、自転車を解体することなく、そのまま電車やバスに自身の自転車を持ち込めるよう、専用の臨時列車を特別運行いたしました。また、同時に開始する「モニターサイクリングツアー」は、地域の魅力を感じていただける観光コンテンツを観光拠点施設・地域事業者が共同開発したツアーとなっております。

今回は、モニタリングツアーの一つ、「国宝を有する文化遺産・太山寺とじっくり愉しむ珈琲焙煎体験」に密着。その他にも、デジタルデトックスができるツアーや、有機農家さんを訪ねるツアーなど、普段は感じることのできない新しい神戸を体験できるツアーが盛りだくさんです。

■「国宝を有する文化遺産・太山寺とじっくり愉しむ珈琲焙煎体験」ツアー紹介

このツアーで訪れる伊川谷町や押部谷町は、すぐ近くに住宅街や大学の集まるエリアがありながら、自転車を10分も走らせれば、一気に里山の開けた空と風を感じられる「神戸農村らしい」と言える地域です。ツアー参加者は、国宝を有する太山寺の散策や、珈琲焙煎の体験を行いました。

~1日のスケジュール~
8:40~
神戸市営地下鉄・大倉山駅 集合→乗車

サイクルトレイン

10:05~
神戸市営地下鉄・伊川谷駅 到着→降車
サイクリングガイドと合流→サイクリングへ出発
<伊川谷町をサイクリング>
・太山寺を散策

乗車シーン

11:30~
太山寺珈琲焙煎室 到着→珈琲焙煎体験
特別出店した飲食店のランチボックスで昼食

14:00~
太山寺珈琲焙煎室 出発→サイクリング再開
<西区をサイクリング>
・神戸ワイナリー(農業公園)
・住吉神社

大山寺

珈琲焙煎体験

16:30~
神戸市営地下鉄・西神中央駅 到着→乗車

17:25~
神戸市営地下鉄・大倉山駅 到着→ツアー終了

走行距離:約18km
獲得標高:約180m
※神戸農村サイクリングは、全体的にアップダウンの多いコースです。
参加には、各コースの距離+2、30kmを走れる体力と、標高300m程度の峠を無理なく越えられる実力が必要です。

■ツアー参加者コメント

京都府京田辺市在住/50代ご夫婦
今までは神戸となると車でしか来ることができませんでした。今日はお天気にも恵まれて、さまざまなイベントも盛り込んでいただいたため、とっても楽しかったです。土地勘がない場所でしたが、今回のツアーでは道を先導してもらえたので、安心して神戸の農村部のいろんなところをサイクリングしながら見ることができました。サイクルトレインで自転車を電車にそのまま乗せることができるのもすごく魅力的で、これからもっと公共交通機関に自転車を乗せる仕組みが普及すれば、車を運転できない年齢になっても、行きたいところに行けるんじゃないかなと思い、とてもワクワクしました。

京都府京田辺市在住_50代ご夫婦

大阪府堺市在住/40代男性
今日はサイクルトレインや珈琲焙煎など、普段自転車に乗っているだけでは経験できないような貴重な体験をさせていただきました。特にサイクルトレインは非日常的な感じを味わえ面白かったです。サイクルトレインがもっと広まれば、サイクリングをする僕達にとって選択肢が広がって嬉しいですね。神戸の農村部は初めて来たのですが、神戸の中心部から少し外れただけで、とても穏やかでリラックスできる雰囲気で意外な感じでした。今の季節は紅葉が綺麗なので山に向かって走りながら綺麗な景色を楽しみたいと思います。

大阪府堺市在住_40代男性

■「神戸農村サイクルツーリズム実証事業」関係者コメント
(一財)神戸農政公社 里山農村地域振興本部 振興部長 川崎 敬之 氏
神戸の農村部は都市部から電車や車で30分の近さにあり、神戸農政公社でも自然豊かな田園風景やその利便性をPRしています。自転車でサイクリングすると、車では感じられない自然を肌で感じることができます。実際に農村地域の魅力を知っていただく、そして関係人口を増やし、将来的には移住にもつなげたいと思います。コロナ禍において多様な働き方ができる場所としても注目されていますので、農村地域の魅力を知るきっかけになれば嬉しいです。

神戸農政公社 里山農村地域振興本部 振興部長 川崎 敬之 氏

神戸市交通局高速鉄道部 地下鉄運輸サービス課 運輸係長 阪上 和也 氏
交通局としては、サイクルトレインは初めての試みです。今回の実証を通じて、安全性や採算性を検証したいと考えています。地下鉄は、通勤・通学で利用されることが多い路線ですが、サイクリングを通じて魅力ある観光路線としての活性化を期待しています。人口減少に伴い、今後も、安心安全を第一に、沿線の新たな魅力を発掘していきたいと考えています。

神戸市交通局高速鉄道部 地下鉄運輸サービス課 運輸係長 阪上 和也 氏

太山寺珈琲焙煎室 代表 横野 貢司 氏
この地域は、国宝や温泉など、外の方に喜んでいただけるものが多いのですが、車がなくて中々来ることができなかった方も、これからは楽しんでいただけるのかなと思います。自転車の新しい楽しみ方の一つとして、実際に体験して楽しんでいただけると、地域にとっても資産の活用になるので、地域活性化の面で非常に有効になると思います。サイクルトレインが浸透していくことを期待しています。

太山寺珈琲焙煎室 代表 横野 貢司 氏

■「モニターサイクリングツアー」実施概要

サイクルトレイン・サイクルバスの実証運行日程に合わせ、地域の魅力を感じていただける観光コンテンツを観光拠点施設・地域事業者が共同開発し、それらを組み込んだモニターサイクリングツアーを実施いたします。

・実施期間:令和3年11月13日(土曜)~
     12月4日(土曜)の間の土・日・祝日
・特設WEBサイト: https://kobe-nosoncycle.jp/
・参加費:無料(プランにより宿泊料や拝観料等必要となります)

ツアー名・実施日

※「モニターサイクリングツアー」の参加申込の受付は終了いたしました。
※サイクルトレイン・サイクルバスのみを利用し、自由に農村地域を楽しんでいただくことも可能です。
※モニターツアーのみの参加は出来ません。サイクルトレイン・サイクルバスとセットになります。

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む