海外メディアも注目! マグロの大間で1日1組限定「おおま宿坊 普賢院」 過疎地寺院の思いとおもてなし(青森県大間町)

下北半島の先端、青森県の大間(おおま)といえば日本屈指のマグロの産地として知られている。屈強な漁師たちが命をかけて一本釣りしたマグロが大間崎周辺の飲食店や宿でも楽しめる。そんな大間に禅宗の宿坊が誕生した。地元や東北エリアのテレビや新聞でもたびたび取り上げられ、ツナ(マグロ)好きのアメリカからCNNがはるばるやってくるなど国内外の取材もひっきりなしの人気の宿となっている。銀座あたりの高級寿司店で注文したらいくらになるかわからないような生のマグロをはじめ、地域特産品を活かした食事や、檀家や地元の人たちの協力で境内でマルシェや寺ヨガ、音楽フェスなども開催する、元甲子園球児で活きの良い若い僧侶との交流も大きな魅力だ。そんな「おおま宿坊 普賢院(ふげんいん)」の人気の裏には、過疎地でいかにして寺院と地域が生きて残っていくのかの挑戦の物語があった。

平成30年(2018)4月に誕生した「おおま宿坊 普賢院」は、大間の港町からほんの少し山に入ったあたりに位置している。港町にあり、マグロ漁師の檀家を数多く持つ曹洞宗大澗(だいかん)山福蔵寺の別院で、木々に囲まれた三千坪の広大な敷地に普賢延命菩薩、薬師如来、不動明王を祀っている。その敷地内にある「佛光庵(ぶっこうあん)」が、11組を存分にもてなす宿として活用されている。

青森県大間町は、言わずと知れたマグロの漁港として知られる、下北半島の突端にある港町。宿坊は、ここからクルマで5分くらい、小高い山の中に入ったところに位置している。

港町にある福蔵寺(曹洞宗)の別院、普賢院。おしゃれなコテージ風の宿泊棟は、この写真のカメラの右手側に位置している。

宿泊棟として活用している佛光庵は、森に囲まれた境内の中ほどにある。サンルームには瞑想用のチェアや書籍なども用意されていて、思い思いの過ごし方ができる

宿坊の室内は天井も高く、上質な山小屋のよう。サンルームの窓の外には、境内庭園に咲く季節の花々。バスルームも設置しているが、近くに温泉(おおま温泉海峡保養センター)もあり、宿坊のゲストには入浴券を提供している

境内の庭園を眺めながら瞑想できるサンルーム、鳥の声で目覚めるベッドルーム……静寂のなかにコテージのように佇むこじんまりとした木造の宿泊棟。ゲストはこの贅沢な環境で時を過ごし、希望すれば坐禅や写経などのプログラムを体験することもできる。三密など無縁の世界だ。

宿坊を運営しているのは、院代の菊池雄大氏。大間で生まれ育ち、海峡を挟んだ北海道の高校時代は、元メジャーリーガー田中将大投手の1年後輩として甲子園でもプレーした。東京の仏教系大学で学び、曹洞宗の大本山永平寺で修行後、東京や北海道など各地の寺院での務めを経て地元に戻った。父が切り盛りする本院とは別に、山の中で空き寺になっていた普賢院を再興して宿坊を開いた。

父・福蔵寺住職の菊池泰進さんと、その別院・普賢院院代の雄大さん親子。地元のために寺院ができることを考えたい、という思いは同じ

宿坊に着いたらまず曹洞宗で出される梅湯(ばいとう)でおもてなし

地元のため、寺院のために

「地元に戻るたびに、このままでいいのだろうか、と自問自答していました。大間の町も、自坊の将来も。そんな時によそで宿坊が新たに人を呼んでいることを知り、開設を決意したんです。生まれ育った寺院へ戻ることを決意したときにこの思いを住職(父)に伝えたら、ふたつ返事で賛成していただけました」

かつて大間は、下期半島の名所でもある恐山を訪れる参拝客が、ついでに立ち寄る観光地として賑わっていた時期もある。しかし、恐山を支えていた東北地方沿岸部の人たちの多くが、東日本大震災で大きなダメージを受けて恐山詣がほぼ消滅してしまった。その影響で大間も変わってしまった。そうこうするうちに過疎化が進む。

菊池院代は大学時代の卒論で、地方の寺院が生き残る条件を深く考察した。生存の条件は3つ、①瀬戸内寂聴のような人を惹き付けることのできるスター僧侶がいること、②経済的基盤となる檀家が相当数あること、③寺院存続に必要な最低限の現金収入があること。地元に戻っても、このうちの①のスター性などあるわけもないし、②の檀家も過疎地にあって10年後20年後はわからない。マグロにしても海流が変わればいなくなってしまうことも考えられる。そうなれば檀家も厳しい。ならば③の現金収入を確保する必要がある。その手段のひとつとして、さまざまな思考実験を繰り返したすえに、宿坊の運営にたどりついた。

とはいえ、突然お寺が宿泊を提供しますと言ったところで、はるばる下北半島の先端までそれを目的として人が来てくれるかは疑問だ。そこで、日本中に知られている「大間のマグロ」を前面に打ち出す戦略をとることにした。そしてその思惑は当たった。

ただの思いつきではない。地元で生まれ育った菊池さんを支えるマグロ漁師の仲間たちもいる。命がけの漁場の船上から、「いいのが揚がったぞ!漁港で待ってろ!」と連絡がくる。100Kg以上のマグロは東京方面へ出荷されるが、それより小さいマグロは地元大間に卸される。

「そもそも夕食が曹洞宗の精進料理では、量が少なくお腹がすいてしまうかもしれません。そこで朝食に精進料理を提供して、夜はマグロをいろいろなメニューで楽しんでいただくことにしました」

などといかにも宿主のようなことを言っているが、マグロをはじめ夕食に並ぶ食材の一つひとつに大間の物語がある。つながりがある。

夕食のマグロは、赤身、中トロ、大トロの食べ比べに山かけ。旬の魚介やアワビ、もずくなど大間で獲れる地のモノを提供する。手摘みの大間産岩のりで握るおにぎりもことのほか美味。同じ大間町のお寺(崇徳寺)で醸造している寺ビールもありがたくうれしい

翌日の朝食はおかゆを中心に胡麻豆腐や炊きものなど

食事は寝起きする宿坊の建物とは別棟の食堂で。宿泊ゲストとの会話が楽しいし何よりも学びになると院代

ゲストと共に食事をしながら、そうした土地の物語やつながりを話す。ときには聞かれれば仏教のこと、そして自分のことなども気ままに話をする。宿坊を始めてから知り合った近隣の寺院で醸造している地(寺)ビールも会話を盛り上げる名脇役となっている。

そんな息子(普賢院院代)の挑戦を、父(福蔵寺住職)は一切の口出しをせず、「10年は何も言わない。好きなようにやれ」と最大の理解を示して見守っている。

地元青森や東北各地のメディアで紹介されたことで、女性同士の客なども増えてきた。町の駐車場に停まっている大型観光バスの団体名をチェックして営業するなど地道な努力も惜しまない。甲子園球児時代や永平寺の修行時代に鍛えた、ねばり腰と突破力が活かされている。

開業してからご縁があって結婚もした。そして子宝にも恵まれた。そのやさしい眼差しの奥に、過疎化するふるさと大間を舞台に地域に貢献して寺院の興隆も果たそうとする覚悟が秘められている。

静寂に包まれる夜の雰囲気も素晴らしい

普賢院本堂。境内の一番奥にあり、勤行や坐禅体験などをここで行う

普賢院には、道を隔てた場所にゲストハウスもある。佛光庵は2名用だが、人数が増えた場合はゲストハウスも利用してもらう仕組み

菊池院代の父が住職を務める港町にある福蔵寺は、宝暦4(1754)年開創

福蔵寺の向いにある八大龍王殿。文久元年(1861)以来、大間のマグロ漁師たちに信奉され続けている

記事は【寺社Now23号(平成31年1月発行)】をもとに一部改訂したものです。
施設の詳細につきましては、直接お問い合わせください。


おおま宿坊普賢院
住所:青森県下北郡大間町大字大間字内山48-137
TEL:0175-37-4649
おおま宿坊 普賢院HP
テラハク「おおま宿坊 普賢院」


関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む