ナラハクへ急げ!! 館内撮影&SNS投稿OK!奈良国立博物館特別展『奈良博三昧』で鑑仏三昧。

贅沢三昧、読書三昧、映画三昧、グルメ三昧、オリンピック三昧も悪くないけれど、2021年の夏は・・・そうだ、カメラを持って「奈良博三昧」へ行こう!

奈良国立博物館「奈良博三昧」メインビジュアル

「三昧(さんまい)」(「●●三昧」などの合成語では「ざんまい」と読む)は、もともとは仏教に由来する言葉だ。サンスクリット語で表記された経典に「サマーディ(samādhi)」とあったのを、古代中国の高僧が漢字で「三昧」と写した。意味は「一つの対象に精神を集中すること」。

如意輪観音菩薩坐像 平安時代(9〜10世紀) ※寺社Now編集部撮影(一般入場者も館内撮影&SNS投稿OK)

熱心に仏の姿をみる「鑑仏三昧(かんぶつ・ざんまい)」という言葉もある。

「仏教美術の殿堂」と呼ばれる奈良博(ナラハク/奈良国立博物館)の特別展『奈良博三昧—至高の仏教美術コレクション—』(7/17-9/12)は、まさに鑑仏三昧にうってつけの企画と言えるだろう。いや、まちがいなく言える。

奈良博は、明治28年(1895)に日本で2番目の国立博物館として設立されて以来、古都奈良の社寺ゆかりの仏教美術の保管と展示公開につとめてきた。日本の仏教美術1400年の歴史が、奈良博に凝縮しているのだ。

特別展『奈良博三昧』は、そんな奈良博の館蔵品の中から選りすぐった作品のキュレーションによって、1400年の歴史を眼前によみがえらせてくれる。

奈良国立博物館へは、重要文化財にも指定されている本格的洋風建築の仏像館(旧本館/設計:片山東熊)側からのアプローチも趣があるのでお薦め。

国宝 薬師如来坐像 平安時代(9世紀) 通期展示 ※寺社Now編集部撮影   奈良博館蔵品仏像の第1号で、通称「奈良博薬師」と呼ばれている。かつて京都東山の若王子社に伝わっていたが、明治の神仏分離によって神社から人手に渡り、やがて国の所有となり、昭和36年(1961)より奈良博の管理となった。奈良博薬師は、明治以降の文化財の散逸を防ぎ、保存・公開していくことをミッションとする奈良博仏像コレクションのシンボルともいうべき存在だ。

ちなみに今回の特別展『奈良博三昧』は、入館者のカメラによる鑑仏三昧・写仏三昧と、撮影した写真のSNSへの投稿がOKとなっているのも嬉しい。

一般的にミュージアムでの写真撮影が禁止されている理由は、大きく3つある。

▪1つは、鑑賞環境の問題で、①シャッター音がうるさく他の鑑賞者の妨げになる、②作品やガラスケースにうっかりぶつかって傷つけてしまう危険がある、③人気の作品の撮影大会になって鑑賞者が滞留してしまう、という問題がある。

▪2つめは、著作権の問題だ。作品撮影には、著作者である作者の許可が必要だが、展示品の1つひとつで許諾の有無が異なると、現場のオペレーションが困難になるので、一律禁止としているケースが多くなる。

▪そして3つめは、ミュージアム以外の所有者、つまり寄託者や出展者が撮影を許可しない場合である。特に仏像や仏画など信仰の対象となっている文化財については、所有者=寺院である場合、写真撮影を好まないケースが多い。

今回の特別展は、こうした問題が生じない奈良博の館蔵品で構成されているため、写真撮影が可能となっている。肉眼はもちろん、カメラのレンズを通しての鑑仏三昧・写仏三昧も一興だ。

金光明最勝王経(国分寺経)

国宝 金光明最勝王経 巻第一(国分寺経)(部分) 奈良時代(8世紀) 図版の場面の巻第一展示は前期  この経を敬い読誦すれば国が諸仏によって護られると説いている。天平13年(741)、聖武天皇は全国に国分寺・国分尼寺を建立し、国分寺の塔に金字の金光明最勝王経を安置することを命じた。国分寺の正式名称は「金光明四天王護国之寺」で、本展示品は、備後国国分寺に安置されていたと伝えられている。

国宝 刺繡釈迦如来説法図(部分) 奈良時代または唐時代(8世紀) 前期展示   タテ211.0mm×ヨコ160.4mmとひときわ大きな壁画のようで、その表現は法隆寺の金堂壁画に似ているが、肉眼で見ると全面が刺繍で製作されていることがわかり驚く。古代において刺繍は主要な仏像表現の一つだった。

国宝 辟邪絵のうち 毘沙門天像(部分)

国宝 辟邪絵のうち 毘沙門天像(部分) 平安~鎌倉時代(12世紀) 後期展示    画像は毘沙門像だが、疫病や災いを引き起こす邪悪な鬼と戦い平和を護る5人のヒーロー「天刑星(てんけいせい)」「栴檀乾闥婆(せんだんけんだつば)」「鍾馗(しょうき)」「毘沙門天(びしゃもんてん)」の5図すべてが同時公開されている。

伽藍神立像 鎌倉時代(13世紀) 通期展示 ※寺社Now編集部撮影   大正6年(1917)のオークションカタログに「走り大黒天」と紹介され、長いことその名で知られてきた。まるでオリンピックの陸上トラックで疾走しているかのよう。実際は、禅宗の寺院などに祀られ、「感応使者」あるいは「監斎使者」と呼ばれている。修行を怠る者がいれば、釘を刺して懲らしめる役で、かつては手に釘と槌を持っていたようだ。

愛染明王像坐像

重要文化財 愛染明王坐像 鎌倉時代 建長8年(1256) 通期展示    像高26.2mm、東大寺大仏殿の再建に関係する木材を使用していることが研究によってわかっている。明治39年(1906)の時点では、興福寺に伝来していた。

金銅三鈷杵 平安時代(12世紀) 通期

金銅三鈷杵 平安時代(12世紀) 通期展示 三股の鈷を持つ三鈷杵(さんこしょ)は、武器に由来する密教の法具。力強さの中に、優美で繊細な面が同居している。文豪川端康成の旧蔵品だ。

国宝 十一面観音像 平安時代(12世紀) 前期展示   着衣の文様が法隆寺渉猟院聖霊院に安置されている聖徳太子坐像に施されているデザインとよく似ており、かつて法隆寺鎮守龍田新宮の境内にあった伝灯寺に伝来し、江戸時代末期には法起寺の什物となっていた。

地蔵菩薩立像 鎌倉時代(13世紀) 通期展示 ※寺社Now編集部撮影   腰を左にひねり、右足を少し踏み出し、その動きに呼応するように両袖がゆらめいている。リアルで動きのある姿に魅力を感じる。

重要文化財 首懸駄都種子曼荼羅厨子 鎌倉時代(13〜14世紀) 前期展示 ※寺社Now編集部撮影    高30.3mm、奥行きの浅い観音開きの厨子で、上部に吊り金具がついている。中央には蓋が付いていてその蓋の裏面に金剛界曼荼羅が描かれ、その蓋を外すと画像の胎蔵界曼荼羅が表れるという仕組みになっている。

—————————————————————————————
会 期:令和3年7月17日(土)~9月12日(日)
前期:7月17日(土)~8月15日(日)
後期:8月17日(火)~9月12日(日)
会 場:奈良国立博物館 東・西新館
休館日:毎週月曜日(ただし8月9日は開館)
開館時間:午前9時30分~午後6時、
毎週土曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/202107_zanmai/
—————————————————————————————

関連記事

    よく読まれている記事

    寺社関連プレスリリース

もっと読む

    クラウドファウンディング

もっと読む

    ミュージアム・イベント

もっと読む

    寺社Nowの書棚-Books-

もっと読む