前職は自動車整備士!低予算のDIYで空き家を宿坊に! 福岡県・篠栗霊場の延命寺が遍路宿に変身

弘法大師ゆかりの地である福岡県篠栗町の若杉山。天保年間に尼僧・慈忍の呼びかけによってこの地に村人がお堂を創り始めたのが、現在の篠栗八十八箇所霊場の始まりといわれている。しかし、若杉山麓に88の札所が広がり、日本三大新四国霊場のひとつにも数えられる聖地だが、近年は遍路の減少により、最盛期に50軒ほどあった宿坊や旅館も10軒程度を残すのみの静けさとなっている。 この霊場に、令和元(2019)年7月、民泊宿「和み庵」が新たに誕生した。開設したのは、篠栗霊場第三十九番の延命寺(高野山真言宗)である。 博多市中心部から東へ延びるバイパスの側道沿いに寺はある。本堂のご本尊は、四国八十八箇所霊場第39番札所である真言宗智山派赤亀山延光寺から勧進した薬師如来 町内には、札所を案内する看板が各所
...この続きを読む(会員ログイン無料会員登録

関連記事